« 今日は代表ガーナ戦 | トップページ | W杯予選 »

2009年9月10日 (木)

代表ガーナ戦(9/9@ユトレヒト)

 なんと言いましょうか、点の取り合いは面白かったでしょうが、締りがないっすよね。しかし、勝ったことは素直に評価しましょう。かくいう私も、そんなに詳しく映像を見たわけでないので偉そうなことは言えませんが・・・・・。

---岡崎----前田---
--中村憲----中村俊--
---長谷部--遠藤----
-長友-闘莉王-中沢-駒野-
------都築------

 前半は、ガーナのCKに対して長友が相手の頭にヘッドをかましたように見えてが、実はハンドをしていたようで、これでPKで先制される。前田は、結構きいていたのではないでしょうか。前線でボールをうまくさばいていたような気がします。
 後半、立ち上がり中澤がギャンとの競り合いでポジション取りを誤って失点。右からの攻めに対して中央で前田がつぶれ、左が走りこんだ中村憲が落ち着いて決める。その後も、闘莉王のトリッキーなプレーから中村憲が抜け出したが、ゴールをはずす。そして、都築の中途半端な飛び出しで、1-3となりこれで勝負ありかなと思いました。しかし、これからの選手交代がききましたね。長谷部→稲本、中村俊→本田、前田→玉田と代えたわけですが、中村俊が代わってからボールの周りが良くなった。また、稲本な何かもっていますね。左サイドでボールを拾った玉田のゴールで1点差。直後に、稲本からのクロスを岡崎が決めて同点。最後は長友の上がりから、エンシンに競り勝った稲本がミドルを決めて逆転。
 選手交代の妙がでた1戦でした。ガーナが連戦の疲れからか、足が止まってしまったのが勝因かと思いますが、結構しょっぱい内容ながら勝つにこしたことは無い。本田は今日の不発、でも個人的には中村俊でなく本田をいれたチーム編成を考えてほしいと思った1戦でした。

 

 

|

« 今日は代表ガーナ戦 | トップページ | W杯予選 »

コメント

前半から予想以上に裏を取ることが出来ましたが、最初のトラップが悪くて点に出来なかったのは課題ですね。
個人的には俊輔⇔本田というよりは、玉田のゴールが味方に効いたんだと思います。
今の日本は、ある程度精神的に余裕または希望が無いと力を発揮できていない。
玉田のゴールで「同点に追いつけるかも・・・」的な希望が湧き、その希望が持続してる間に同点に追いつけたことが大きかったと思います。
結果論ですが、やっぱりシステムは2トップの方がいいような気がしますね。

投稿: kobatake | 2009年9月10日 (木) 09:34

前田・森本の2トップが見てみたい。ミニモニ2トップはもういいような気がする。

投稿: ホイチョイ | 2009年9月10日 (木) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表ガーナ戦(9/9@ユトレヒト):

« 今日は代表ガーナ戦 | トップページ | W杯予選 »