« 速報横浜戦 | トップページ | 円高進行 »

2009年9月28日 (月)

第27節 横浜戦(9/27@埼スタ)

P1020603 なんとも、もったいない試合を落としてしましました。川崎戦では、発揮した集中力のある守備が今日の試合は出来ませんでした。立ち上がり、いきなりの集中力を欠いた失点、これは絶対にやってはいけないことですよね。まだまだ、自分のかたちをもっていないため安定した試合運びが出来ないということなのでしょうかね。
P1020605スタメンは、
------エジ------
--原口--ポンテ-梅崎--
---啓太----阿部---
-細貝-坪井-闘莉王-暢久-
-----山岸----
 サブは、加藤・堀之内・峻希・平川・直輝・高原・達也。スタメンは川崎戦と全く同じ。GKの控えは加藤、都築はどうした?主審はジャステス。
 前半、立ち上がりやってはいけない失点を献上してしまう。セットプレーから、ニアをすり抜けてきたボールに対して、中央の中澤は全くのフリー。阿部・闘莉王のどちらが付くのかはっきりしない。集中力を欠いたプレーでした。
 その後、横浜のプレスに対していいかたちでボールを持てず、中盤を支配した横浜のペースが続く。横浜は、FWの坂田・渡辺のスピードを生かしたカウンター狙いなのですが、渡辺は意外にスピードがありますね。坪井が振り切られる場面の再三あり。
 しかし、浦和も右サイドを中心に横浜陣内に攻め込む。また、啓太が再三、攻め上がり川崎戦の再現かと思える場面もあり。右サイドを攻略して、暢久の精度のあるクロスが見P1020613 事にエジにあって、エジのヘッドで同点に追いつく。その後も浦和ペースで、ここで点がとれなっかたのが今日の試合のアヤでしたね。双方ともDFラインをあげて中盤での潰しあいの様相をていする。しかし、前半ロスタイム、自軍深くで啓太がボールをかっさわれて失点。その前のプレーで啓太は引っ張られていたかに見えたが、反則ではない。セルフジャッジというか、時間も時間だからセーフティーにCKに逃げておけばなんら問題なかった。啓太の判断ミスが悔やまれる。
P1020614  後半に入っても、逆に展開は落ちる。浦和の運動量が落ちてきた。ポンテの調子は上がらず、イージーミスはするわ、パスのタイミングが遅いわで浦和の攻撃が停滞する一因に。ポンテ交代かと思ったが、フィンケの取った策は、梅崎・啓太→直輝。達也の2枚代え。達也は必至にうごいているが、エジ・原口との絡みは今一歩。また、直輝は久々の試合デコンデションの不良は明らかで、この状態で試合に使うのは非常に厳しい。結局、2人の投入はなんにもならず。
P1020617  さらに高原の投入は、攻めの人が多く、スペースもなく、当たりの強い横浜DFにやられるだけになってしまった。後半は全くいいところなく、そのまま試合終了。前半のいい時間帯で点が取れなかった、これにつきますね。ただ、試合の内容的には悪くなかったと思います。パスをつないで、スペースつくりそこへ後方から人が飛び出してくる。フィンケ・サッカーが進化しているような気分にはなりました。
 

|

« 速報横浜戦 | トップページ | 円高進行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27節 横浜戦(9/27@埼スタ):

« 速報横浜戦 | トップページ | 円高進行 »