« アウェイサポ歓迎? | トップページ | 明日は名古屋戦 »

2009年7月23日 (木)

ファンサービス

 大宮が鉄道博物館と提携して、大宮のJリーグの試合と鉄道博物館で相互に入場料を割り引くサービスを始めるようだ。夏休みの期間限定のようですが、集客増に向けた相乗効果に加え、市内周遊を促して地域の観光活性化に寄与する狙いもある。
 内容的には、8月の大宮のホームゲームのチケットを提示すれば、鉄道博物館の入館料を100〜200円割り引く。一方、アルディージャの当日券を購入する際、鉄道博物館の来館記念カードを提示すると、500円安くなる。いずれも期間は8月16日から31日まで。
 浦和は今までこの手のサービスを行ったことなないですよね。観客増加のため、アウェイサポにお金を使う事を検討するなら、まずはホームサポのメリットのある事を検討すべきではないでしょうか。今まで浦和はチケットの売り上げで苦労したことはない。チケットの価値を落とすことのないように、タダ券ばらまき、安易なチケット料理値下げ、そういう事はしてこなかった。それは需要と供給の原則で、チケットを希望する人の方が多くのだからがんがえなくて良かった。
 しかし、埼スタに移転して浦和バブルがはじけ、観客数の減少が気になってくると、何らかの対策を打たねばならない。
 浦和を支えているのは浦和サポなんだから、アウェイサポ云々よりも、まずは浦和サポに埼スタに足を運んでもらう方策、浦和サポになってもらうことを検討して欲しいですね。今回の大宮と鉄道博物館とのコラボ企画、夏休みぽくていいじゃないですか。割引額はそうたいした事はないが、夏休みだから子供を連れて行こうかということになる。浦和もまずは地味な企画かもしれないがこういうことから始めたら良い。

 ところで、闘莉王が故障で、メンバー的にもまた厳しくなりましたね。暢久CBのナビスコ並みのメンバーになるのでしょうか。

|

« アウェイサポ歓迎? | トップページ | 明日は名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンサービス:

« アウェイサポ歓迎? | トップページ | 明日は名古屋戦 »