« 名古屋戦に向けて | トップページ | 第19節 名古屋戦(7/25@埼スタ) »

2009年7月25日 (土)

速報名古屋戦

大分戦の嫌な敗戦から、チームの立て直しが出来だが、今日のポイント。闘莉王欠場でケネディ対策には不安が残る。
スタメンは、
FWーエジ・高原
MFーポンテ・原口・細貝・啓太
DFー峻希・阿部・坪井・暢久
GKー山岸
サブは、堀之内・三都主・永田・直輝・西澤・セル。主審は村上。
前半、何故か風下を選択。全体の流れとしては浦和だがシュートまでもっていけない。原口はボールをキープするとゴールを目指す。
名古屋の左サイドにふったプレーに対して、名古屋は粘り、中央の玉田へ玉田が中央にボールを切り返して先制。浦和のDFはそんなに慌てて対応しなくてよいのに。勿体無い失点。
その後、浦和攻めるが効果的な攻めなし。峻希→直輝で打開図るがダメ。後半に入っても、流れは同じ。チームとしてのまとまりがない。ドリブルで突っかけて相手にボールを奪われる事の連続。ポンテは不調、前の4人のまとまりなし。
先制点を見るかのような、小川→玉田で失点。ケネディの坪井の吹っ飛ばした3点目は余計。
最悪な形での、しかも内容的にも完敗での連敗。曲がりなりにも、形と一応の結果を残してきたフィンケ・サッカーも大きな岐路にたたされる。さあ、水曜日のナビ清水戦は浦和の今後を占う大事な一戦だ。

|

« 名古屋戦に向けて | トップページ | 第19節 名古屋戦(7/25@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 名古屋戦に向けて | トップページ | 第19節 名古屋戦(7/25@埼スタ) »