« 今日はナビスコ清水戦 | トップページ | 夏休み »

2009年7月30日 (木)

ナビスコ②清水戦(7/29 @アウスタ日本平)

やはり恐れていた最悪の結果になってしまいましたね。現地参戦の皆様大変にお疲れ様でした。これで公式戦3連戦、去年の終盤を見るがごとくの状態に陥ってしまいました。コンディション的な問題か、フィンケサッカーの根本的問題?原因は良く分かりません。これで、浦和はリーグ戦に集中するしかない。幸いにリーグ戦は半分を少し過ぎたところでまだまだ立て直しは十分に効くと思います。とにかく、フィンケの手腕に期待しましょう。
スタメンは
FWーエジ・高原
MFー直輝・原口・細貝・啓太
DFー永田・阿部・坪井・暢久
GKー山岸
サブは、堀之内・三都主・峻希・ポンテ・西澤・セル。
ポンテは便利スタートだが、名古屋戦の出来を見ていると、しょうがないかなあと言う感じです。今日のポイントは先制点が取れるかどうかと言うことでした。しかし、立ち上がり直後にヨンセン→枝村と渡ったボールが、阿部がクリアしきれずオウンゴール。その後は圧倒的に浦和ペース。ただ中央を固める清水の守備網に得点の匂いは感じぜず。逆に前半終了間際に、カウンターから左から送られたクロスを岡崎に合わされた。
2点をリードされたが1点返せばイーブンになるわけで、慌てる必要はないのだが、何か個人プレーに走っている感じがしてならない。ポンテ、三都主を投入するが、局面を打開するには至らす。逆にセットプレーから決定的な3点目を喫するはめに。これで勝敗の行方は決する。

日曜日はまた同じ相手との対戦。これ以上の敗戦は避けて欲しいところです。処方箋は何なんでしょうね。結局のところ、調子が落ちて来るとフィンケの目指すバスによるコンビネーション・サッカーから対局にある個人技サッカーに陥っている。フィンケが、どう立て直してくるか見ものです。しかし、2戦して得点0、6失点は痛い。
また、鹿島は川崎に敗れ、ACLの勝ち上がりは川崎だけになり、残った4チームも地味になってしまった。

|

« 今日はナビスコ清水戦 | トップページ | 夏休み »

コメント

負けが混んでくるとすぐに「補強」という言葉を口にするのも何かと思いますが、やはり補強は必要かと思います。
中を固められても、針の穴を通すようなラストパスを出せる選手が欲しいですね~。
味方を悪く言いたくありませんが、元々視野が広くてパスセンスのある選手は皆無といってチームですね。
いろいろな個性を売りしてる選手の中でもパスが一番の売りと言える選手は過去を含めてもバインぐらいしか思い付かない。
このままズルズルいかないためにも、フィンケルートでどうにかならないものでしょうか?

投稿: kobatake | 2009年7月30日 (木) 10:23

GGRみたが内容的にはそんなに悲観することは無い。今は生みの苦しみ、しんぼうのしどころです。

投稿: ホイチョイ | 2009年7月31日 (金) 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ②清水戦(7/29 @アウスタ日本平):

» オウンゴール [ひろしの日記]
八百長の試合って、見ていて、対戦していて、分かりますよね?相手のオウンゴール..... [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 09:23

« 今日はナビスコ清水戦 | トップページ | 夏休み »