« 第15節 神戸戦(6/27@駒場) | トップページ | ACL8強組み合わせ決定! »

2009年6月29日 (月)

15節を終えて

 Jリーグは15節が終了し、鹿島の首位と大分の最下位は圧倒的になってきた。
昨日は、首位の鹿島と最下位の大分の直接対決、大分は先制するところまでは健闘したが、結局は実力差を見せつけられて逆転負け。これでJ1ワースト3位の12連敗となってしまった。確かワーストは京都の17連敗?でしたっけ。ネガティブ思考の私的には、3節先のアウェイ大分戦があるわけで、心優しき浦和は連敗ストッパーになってしまうことがよくあった。そいつは勘弁してほしい。
 しかし、大分は苦しい。昨日も先制したまでは良かったが、その後は完全に足が止まってしまった。去年までなら、先制すれば後は堅固な守備で守りきりと言う必勝パターンがあったが、今季はそれが崩壊ていうか、選手が完全に自信を無くしています。大分はこれでACLにでも出ていたら大変な事になっていましたね。でも、九石ドームのコンディションの悪さは気の毒です。芝生の根付きが悪くカーペットのようにまくれあがり、ドーム・スタジアムの構造からピッチ上は高温多湿でこの時期に九石ドームで試合をするのは選手に気の毒です。
 鹿島はしたたかですね。ACLは小笠原の愚かなプレーで退場してしまったが、先制されても決して慌てない。相手を真綿で首を絞めるようにジワジワと追い込んでいった。鹿島との最終節です。それまでに鹿島に食いついていく、そんな展開です。
 降格争いは、今年は鉄板と思われた大宮が意外にも2連勝で上位を狙う位置まで上昇。山形が降格圏内ギリギリまで落ちてきた。浦和は、山形→広島→大分と続くわけでここはキチンと勝ち星を積み上げたいところです。

|

« 第15節 神戸戦(6/27@駒場) | トップページ | ACL8強組み合わせ決定! »

コメント

上位では無いにしろ嫌な相手が続きますね。
山形は自分らが点を取れなくても、スコアレスドローに持ち込む力は持っている。
広島は型にはまると爆発的な得点力がある。
大分は・・・さすがに大分相手に勝たないわけにはいかんでしょう(笑)

大宮の連勝も驚きですが、FC東京の好調も目につきますね。
石川・・・FW起用だったら代表ありですかね?

投稿: kobatake | 2009年6月29日 (月) 09:53

石川は確変ですね。しかし、そのくらいの潜在的能力は備えている選手だと
思います。

投稿: ホイチョイ | 2009年6月29日 (月) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15節を終えて:

« 第15節 神戸戦(6/27@駒場) | トップページ | ACL8強組み合わせ決定! »