« こんな物が届きました! | トップページ | 「ハゲタカ」を見て来た »

2009年6月13日 (土)

速報ナビスコ栗鼠戦

 ナビスコの予選突破をかけた今日の一戦、栗鼠は数字の上では、決勝トーナメント進出に可能性残すが、報道によると事実上の予選敗退は決定的でメンバーも随分と落として?、リーグ戦専念でACL出場を狙うらしい。
スタメンは、
FWーエジ・高原
MFー直輝・原口・細貝・啓太
DFー永田・坪井・暢久・西澤
GKー山岸
サブは、大谷・浜田・堀之内・セル・峻希・赤星・林。主審村上。メンツは原口・直輝がスタメン復帰、サイドは西澤・永田の若手コンビ。
 前半、いきなり浦和のペースというか、栗鼠はタテポンしか攻め手ないのか?浦和のブレスだってそうはきつくないのだが、守りの陣形に気を使い過ぎで攻めにならない。やすやすと浦和のDF網に引っ掛かる。浦和も栗鼠にお付き合いするような、低パフォーマンスな試合。
 エジ→高原のクロスパーをたたいたプレー、直輝の突破からのゴール前混戦、直輝へのチャージはPKだろ。シュートが放てないのはいつもと同じ、栗鼠にお付き合いするように低調な内容。
 しかし、スルーパスからのこぼれ球を直輝がゴール。オフサイドのように見えましたが、その前にあったPKを取ってもらえなかったプレーとおあいこということで。
 後半はいきなりのボーナスステージ突入。何故か知らぬがいつのまにか藤本が退場、その隙をつくように、高原が奪ったPKをエジが決め、続いてエジのドリブル突破から高原が右アウトで冷静にゴールに流し込む。直輝→峻希で直輝は早々とお役ごめん。さらに、永田がサイド突破して、エジにジャストミートのクロスで4−0、この辺から運動量が落ち、集中が途切れ、一人少ない相手にミスから2失点を喫する。
 セル・堀ノ内投入。原口がセルのパスを受けてゴール右上に強烈なシュートを決める。最後は、ボランチに上がった暢久が、セルからのクロスを受けてシュートを決める。暢久の得点は慣れないCBでチームを引っ張ったご褒美か。
 これで予選リーグを首位通過で、決勝トーナメントは清水との対戦となる。

|

« こんな物が届きました! | トップページ | 「ハゲタカ」を見て来た »

コメント

早くも降格チームが絞られてきましたね。
大宮は大分程負けてはいないけど、内容が悪すぎる。
ここ3試合で失点は10点以上ありますよね。
リーグ戦じゃなかったからいいけど、リーグ戦でも続くようなら、勝ち点で追いついても得失点差で・・・て事がありそうですね。
大分は久々の勝利。
リーグ戦でもかなり連勝を重ねないと厳しいでしょう。

高原の復調や永田の活躍は今後に期待出来る材料でしょう。
今年は、原口や直輝の台頭が目立ちますけど、個人的にはエジの変貌が一番目立ちます。
よく走ってるし、自分を殺したアシストもありで、昨シーズンとは別人のようです。

投稿: kobatake | 2009年6月14日 (日) 18:16

降格争いは大分・大宮は鉄板で、ジェフとレイソルの千葉勢の争いになるとみました。

投稿: ホイチョイ | 2009年6月15日 (月) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビスコ栗鼠戦:

« こんな物が届きました! | トップページ | 「ハゲタカ」を見て来た »