« ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) | トップページ | 達也・直輝故障 »

2009年6月 1日 (月)

代表キリン杯ベルギー戦

 W杯最終予選の最後の壮行試合となるキリン杯ベルギー戦が行われた。チリ戦からの良い流れが継続出来るが、中村俊輔、闘莉王、内田、長友ら今日から合流する、いわゆるレギュラークラスの出来が今日のポイントです。
スタメンは、
FWー岡崎
MFー中村俊・中村憲・大久保
DMFー遠藤・長谷部
DFー長友・闘莉王・中澤・内田
GKー楢崎
 主力の中村俊輔、闘莉王が復帰。中村憲がトップ下で、中村俊・大久保の位置は高く3トップのような位置取り。
 前半、中村俊が入りボール回しが遅くなるのが懸念されたが、雨上がりのピッチはボールを走らせ、日本の動きもいつもより増していたように思えました。PA周辺をヒラヒラと旋回する中村俊に遠藤・闘莉王からのフィードが収まる。そこから、岡崎・中村憲らにボールが回るが、そこをフォローする後方から上がってくる選手がいるのでふんづまりにならない。
 立ち上がりがゴールを狙う意識がつよい。20分過ぎに左サイドを突破した長友がGKの動きを見切り、角度はなかったが見事の頭上をぶち抜いて先制。
 その直後、中村憲がトラップで相手を交わしてミドルを決める。2−0となり、安心したのか攻撃はペースダウン。また、闘莉王がボール処理を誤り、GKと1対1の場面を作られるが相手のシュートミスに救われる。ベルギーの前半のシュートはこの1本のみ?
 後半、頭から中村俊→本田、長谷部→橋本と交代。本田が中村俊の代役がつとまるかが見所でしたが、本田はゴールを狙う意識が強い。また、今日も強烈なFKを放つ、またボールのキープ力を見せてくれた。運動量を増やせば中村俊の後継者足りうると思いました。
その後、岡崎・矢野がらしいシュートを決めて、4−0の快勝でした。
 今日のハイライトは、矢野のシュートが決まった後、相手GKが腹立ちまぎれに蹴ったボールが大久保に当たったところですね。何でそんなところで大久保が倒れているんだよ…と思いましたがそういう事情だったのね。しかし当たりどころが悪く、大久保は退場、交代枠は使い切っており、その後は10人で戦うはめに。これも良い訓練になったか!

|

« ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) | トップページ | 達也・直輝故障 »

コメント

雨ということもあり、ミドルシュートの意識が高いいい試合でした。
チリ戦の本田のミドルからの岡崎の得点が効いたのかもしれませんね。
長谷部のバー直撃のシュートは「お~!」と、思わずテレビの前で唸ってしまいました(笑)
やはり、長谷部のプレーは贔屓目で見なくても、次元が違うような気がします。

闘莉王の凡ミスはヤバかったですね~。
掴もうとしたところを振りきってくれたからよかったですが、倒れられたら一発レッドを喰らってもおかしくないプレーでした。

投稿: kobatake | 2009年6月 1日 (月) 10:37

なんなんでしょうね。急にゴールを狙う意識が急に強くなりましたね。これは見ている方としては非常に面白い。

投稿: ホイチョイ | 2009年6月 2日 (火) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表キリン杯ベルギー戦:

« ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) | トップページ | 達也・直輝故障 »