« 駒場ウィーク | トップページ | W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦(6/6@タシケント) »

2009年6月 6日 (土)

浦和レッズ愛!

 ここ2試合のナビスコは若手とベテランが融合して非常に良い試合をしました。昨日のGGRを見ていると、特にそてを強く感じました。また、選手達のコメントにしても、、若手はいかに臆することなく自分の実力を発揮できるか、ベテランは若手の力を借りつつ、チームとしてのパフォ-マンスを上げていくか、ということが感じられました。
 こういう一体感って今までの浦和では感じたことのないような気がしました。特に、フィンケは暢久のプレー振りを絶賛していましたが、全くその通りですね。暢久が最終ラインで落ち着いてプレーしているから、若手が思い切ってプレー出来るのだろうな。暢久がこいう役回りをこなしているというのは、昔の彼のプレーからは考えられなかった。
 チームの一体感を本当に感じますね。それにたいしての結果も付いてきている。方向性は間違いないのだから、結果がついてくれば地震も深まりますね。若手の、チームの下部組織のユースから昇格している選手が多い。本当に、「浦和レッズ愛」的な感覚を感じるようなチームになってきていますね。また、こういう流れは作るには、短時間で簡単には作れない。試合をみるのが楽しみなチームになってきている。1年前の修行をしにいくようなチームとは大違いだ。

|

« 駒場ウィーク | トップページ | W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦(6/6@タシケント) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ愛!:

« 駒場ウィーク | トップページ | W杯アジア最終予選ウズベキスタン戦(6/6@タシケント) »