« 今日は駒場・磐田戦 | トップページ | ナビスコ⑤磐田戦(6/3@ 駒場) »

2009年6月 3日 (水)

速報磐田戦

駒場ウィークのナビスコ磐田戦、選手のやりくりは大変、原口の強行出場の噂もあり。
スタメンは、
FWーエジ・高原
MFーセル・峻希・細貝・啓太
DFー三都主・坪井・暢久・西澤
GKー山岸
 サブは、加藤・浜田・橋本・野田・永田・赤星・林。主審は扇家。メンツは加藤が代わっただけで、あとは新潟戦と同じ。
 前半、ミスが目につく。しかし、磐田も太田・西のサイド攻撃が使えない。浦和はいきなり三都主負傷退場により、永田が出場。永田・西澤とプレーが硬い。だか磐田がそこを付けない。
 高原の動きが良い。セルが粘り、エジのパスに反応した高原が裏に抜け出して先制。
浦和はこの得点で落ち着き取り戻した。西澤・永田が再三よいかたちでサイドを突破する場面が出てくる。暢久・坪井のCBは落ち着いてプレーしている。
 後半、立ち上がりエジが惜しいシュートを放つ。セルのキープ力が目につく。太田が攻められないのはセルの対応に追われたからですね
 その後も西澤のミドル、峻希のGKと1対1になりかけたプレー、永田も思いきったプレーに終始した。フィンケの取ったセル→濱田はちょっと厳しい結果に。セルをケアしていた大田が攻撃に専念、岩田に3度ほど決定機を作られる。しかし、いずれも山岸のセーブと磐田のシュートミスに救われる。濱田も落ち着いてプレーした、全日本ユース優勝チームのアンカーは伊達じゃない。人は変われどチームとしてのコンセプトはぶれていない。新潟戦に続いつよいかたちを見せてもらった。

|

« 今日は駒場・磐田戦 | トップページ | ナビスコ⑤磐田戦(6/3@ 駒場) »

コメント

三都主は大丈夫なんでしょうか?
また今期絶望とかだったら、残念ですが来年はいないような気がします。
これだけレギュラー組がいなくても、しっかりと勝ち点3を獲得する。
昨年のことを考えると、監督がフィンケに代わって本当によかったと思わずにいられません。

投稿: kobatake | 2009年6月 3日 (水) 22:30

三都主は右太ももの肉離れということ以外情報は出ていませんね。球離れが悪いのでフィンケ戦術には、あまりフィットしないか?でも、あのクロスは捨てがたい。

投稿: ホイチョイ | 2009年6月 7日 (日) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報磐田戦:

« 今日は駒場・磐田戦 | トップページ | ナビスコ⑤磐田戦(6/3@ 駒場) »