« 今日はW杯最終予選カタール戦 | トップページ | 投稿失敗 »

2009年6月11日 (木)

W杯最終予選カタール戦(6/10@横国)

 W杯の出場を決めた後の戦いでしたが、ユルユルの試合をしてしまいました。このチームの生命線は連動性、たとえメンバーが変わったとしても、そこのところは変わらない、それを期待していたのですが…………。
スタメンは、
FWー玉田
MFー中村俊・中村憲・岡崎
DMFー阿部・橋本
DFー今野・闘莉王・中澤・内田
GKー楢崎
 玉田・内田のレギュラー復帰。しかし、遠藤・長谷部の両ボランチが欠場。この埋め合わせがで出来るかどうかが今日のポイントです。
 前半、中村俊から内田へのスルーパスで内田のクロスを相手DFがオウンゴール。開始まもない時間帯でのゴールが、更にぬるこい雰囲気に拍車をかけてしまいました。
カタールのたまに繰り出すカウンターは、はっとさせられましたが、はっきり言ってカタールの選手へたっぴ過ぎ、フニィシュのところであんなにドタバタしたら点は入らない。
日本は前半終了間際に、CKから闘莉王がネット揺らすが、その前の玉田のプレーがハンドの判定でノーゴール。
 後半、何か知らぬが中村俊の一人よがりのプレーが目につく。やはり、阿部・橋本のボランチのバランスが悪い。つなぎでのポジションを考えすぎカタールのカウンターを浴びる原因に。そこを修正すると、攻撃の時の繋ぎ役になれず、前線の攻めの選手をフォロー出来ず、ワン・ボランチが2人いるという連動性の無さを露呈してしまいました。
 中澤のPKの場面、あれはホームにも係わらず、アウェイの笛でしたね。中澤に最初に体を寄せられ、押し返したら中澤にすらされ、勝手にこけたプレーですよね。そして、自爆で負傷退場、全く持ってレベルの低いプレーでしたね。ウズベキスタン戦のシリア人、今日のマレーシア人といいレベルが低すぎ、Jでいつもは泣かされ方々は今日はまともに感じました。
 中村憲をボランチに下げると、W中村が縦の関係になると、少しは修正されたか。本田が出場時間が短かすぎで少し気の毒でした。だけど、ゴールを狙う姿勢は一番強かった。最終戦は、オーストラリアにきっちり勝って1位通過をきめてね!

|

« 今日はW杯最終予選カタール戦 | トップページ | 投稿失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選カタール戦(6/10@横国):

« 今日はW杯最終予選カタール戦 | トップページ | 投稿失敗 »