« DF陣ピンチ! | トップページ | ACL西アジア地区 »

2009年5月28日 (木)

代表キリン杯チリ戦

 久しぶりの代表戦でスカッとした勝ち方を決めてくれました。チリのコンディションの問題もあるでしょうが、FIFAランキングは日本より上位で、W杯南米予選3位につける相手からの勝利て、価値ある勝利と言えるでしょう。
スタメンは、
FWー玉田
MFー本田・中村憲・岡崎
DMFー遠藤・長谷部
DFー今野・阿部・中澤・駒野
GKー楢崎
 主力の中村俊輔、闘莉王が欠場。SBも久々の駒野と本職でない今野、このあたりがどのくらい機能するかがポイントです。中村俊輔の代わりに入った本田、2部とは言えMVPはだでじゃなかったことを証明してくれた。ボールを単純にゴールを目指しシュートを狙う。その気持ちが代表に一番足りなかった部分であると思います。
 1点目につながるプレーも岡崎が残したボールを躊躇なく左足でシュート、無回転のシュートは相手GKがはじき岡崎が楽々ゴール。日本の課題とされたミドルシュートを見せてくれた。
 フォーメンションとしては、中村憲がまん中なのですが、本田・岡崎が効果的にサイドに開くことによって、そのスペースを遠藤・長谷部が上手く使っていた。しかし、中村憲はジェラードにはなれていなかった?
 2点目はカウンターからなんと岡崎にラストパスを出したのは中澤。岡田戦術の要である、攻守の切り替えの速さが出たプレーでした。
 35分過ぎ、故障の玉田に代わり直輝が登場。さすがに緊張からか、大事に行こうとしすぎて、パスが弱くなってしまう場面もあったが、いつもの調子でプレー出来たように思います。豊富な運動量で相手DFの裏に小気味よくパスを出していた。
 後半に入ったも日本ペース。CKから阿部がヘッドを決めて3点差。終了間際に、矢野が頑張ったボールが直輝にわたり、右サイドでフリーの本田が4点目を決める。
確かに主力がいない試合で不安の部分もありました。中村俊輔がいないとボールの落ち着き所がなくなります。しかし、今日のように素早く、かつ単純にゴールを目指すプレーは、中村俊輔がいなかったから?確かに中村俊輔はチームの中心ですが、チームの進歩をかんじた1戦でした。

|

« DF陣ピンチ! | トップページ | ACL西アジア地区 »

コメント

本田が恐ろしく成長してましたね。
オランダではチームでレギュラーとして1年間揉まれ、2部とはいえMVPを取った実力は嘘ではなかった。
岡崎は背も高い方でも無いし、特別巧いという選手でも無いが、何が何でもゴールにボールをねじ込むという代表FWになかったストライカーの素質を感じます。
直輝も前半と後半のそれぞれのロスタイムでセンス感じるプレーを見せてくれました。
この後のベルギー戦、そして最終予選が内容も期待出来そうで本当に楽しみになってきました。

投稿: kobatake | 2009年5月28日 (木) 18:54

本田が本当に良かったですね。積極的にゴールを狙う姿勢、これが日本サッカーに欠けていた点でしたね。

投稿: ホイチョイ | 2009年5月28日 (木) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表キリン杯チリ戦:

« DF陣ピンチ! | トップページ | ACL西アジア地区 »