« 腰限界! | トップページ | 並び中 »

2009年5月23日 (土)

ACL決勝トーナメント進出チーム決定

ACLの決勝トーナメント進出チームが決定した。中東グループでは、サウジの4チームがそろって1位通過、ウズベキスタンの2チーム、イラン、クェートから1チームずつとなった。また、東アジア・グループでは、日本4チーム、韓国3チーム、豪州1チームということになった。
 日本の4チームはすべて1位通過かと思いましたが、川崎がこけて2位となってしまった。韓国チームは、G大阪に最後に勝って進出を決めたFCソウルのように、しぶとく3チームが残ってきました。でも、Kリーグでは4チームとも、苦戦しているらしい。日本の4チームが上位につけてるのとは大違い。水原は最下位?中国は4チーム出ているが、すべて予選敗退、見ていて感じたのですが、こういう国際大会に出てくるにはいかがなものかとおもいました。まずは、プレーが粗過ぎるというか危険なプレーが多い、中国ホームでの歓声の上がり方にも違和感あり。鹿島・G大阪あたりだと相手チームになぜか声援送ってしまいがちですが、中国チームですとそうはなりませんね。今回の結果をふまえて中国チームの出場枠を削ってもいいのかもしれませんね。
 中東では、サウジ・チームが強さを見せつけた。ウズベキから2チーム進出したのも注目される。ブンヨドコルは、去年ジーコを監督に迎えたクルフチですか?

決勝トーナメント1回戦の組み合わせは以下の通りにきまりました。

5/27 ダンマン アルエティファク(サウジ=D組1位)-パクタコル(ウズベキ=A組2位)
5/27 ジェッダ アルイテハド(サウジ=C組1位)-ペルセポリス(イラン=B組2位)
5/27 リヤド アルシャバブ(サウジ=B組1位)-ブンヨドコル(ウズベキ=D組2位)
5/27 リヤド アルヒラル(サウジ=A組1位)-ウムサラル(クエート=C組2位)
6/24 瑞穂陸 名古屋(日本=E組1位)-水原(韓国=G組2位)
6/24 万博 G大阪(日本=F組1位)-川﨑F(日本=H組2位)
6/24 カシマ 鹿島(日本=G組1位)-FCソウル(韓国=F組2位)
6/24 浦項 浦項(韓国=H組1位)-ニューカッスル(豪=E組2位)

いずれにしても、W杯最終予選と前後して行われる予定で、代表選手にとっては非常に厳しいスケジュールとなりますね。また、ホーム&アゥエイではなく一発勝負なので、非常に興味深い、厳しい戦いが繰り広げられます。特に韓国勢と戦いとなる名古屋、鹿島は戦いはおもろそうです。

|

« 腰限界! | トップページ | 並び中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL決勝トーナメント進出チーム決定:

« 腰限界! | トップページ | 並び中 »