« 歯医者 | トップページ | 旅行中 »

2009年5月 2日 (土)

速報新潟戦

鹿島が勝った後の、新潟との上位対決です。個人的にはGW明けの川崎・G大阪との連戦が前半戦の山場と思います。よって、新潟・柏には勝っておきたいところです。
スタメンは、
FWーエジ・原口
MFーポンテ・直輝・阿部・啓太
DFー細貝・闘莉王・坪井・暢久
GKー都築
サブは、堀之内・浜田・三都主・西澤・セル・高原。主審は高山。
前半、立ち上がりは浦和ペース。エジ・ポンテのシュートに闘莉王のバイシクル・シュートの惜しい場面あり。10分過ぎから新潟もせめだす。マルシオリシャルデスを中心に右サイドの矢野にパスが渡り危ない場面も。現在得点王のペドロジュニオールは、鋭い突破が一回。
浦和は終盤に、こぼれ球を拾った原口のプレー、阿部にあったCK、エジのヘッドと惜しい場面あったが、ものにすることが出来ない。新潟の前線からのブレスきついが最後までもつの?
後半、ボールはキープするがという展開。原口・直輝も疲れからか精彩がない。細かなミスが多い。原口→高原はいつもの交代。
新潟はマルシオリシャルデスが2枚目のイエローで退場。新潟の攻撃を担っていたマルシオリシャルデスの退場で実質的には勝負あり。直輝→三都主には驚いたが、数点優位になってもサイド攻撃を生かそうとする意図十分。その後は、ゴール前に人を集める新潟の守備陣を打ち破れず、スコアレスドロー濃厚の気配。ロスタイムに入り、三都主からの闘莉王のシュートがGK正面で引き分けかと思われたが、ラストプレーのその後のCKで闘莉王がどんびしゃりのヘッドを決め、辛くも勝ち点3をもぎ取る。内容はともかく、この勝ち点3は大きい。

|

« 歯医者 | トップページ | 旅行中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 歯医者 | トップページ | 旅行中 »