« ACL西アジア地区 | トップページ | ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) »

2009年5月30日 (土)

速報新潟戦

 代表戦、故障で選手は大幅な入れ替わり。原口が訳の分からない合宿で怪我をしてきたのは痛い。とにかく今日は若手の活躍に期待!
スタメンは、
FWーエジ・高原
MFーセル・峻希・細貝・啓太
DFー三都主・坪井・暢久・西澤
GKー山岸
サブは、浜田・橋本・野田・永田・赤星・林。主審は松尾。
 暢久のCB起用はいつ以来か?新潟は矢野がいないだけで後はフルメンバーに近い。ペドロジュニオール、マルシオリシャルデスの両外人を如何に押さえるかがポイント。前半、新潟はリーグ戦のように前からガツガツと当たってこない。浦和はこぼれ球からエジ・細貝が惜しいシュートを放つ。しかし、全体的にミスが多い。ボランチの位置から、前線へのパスがダメ。新潟にカウンターを食らう。
 高原は坊主頭にしたがプレー内容は変わらす゛。セルのドリブルも効果的とは言い難い。
西澤がバーをかすめるミドルを放つ。西澤は中盤で相手ボールをカット。そのまま上がって細貝とのワンツーで抜け出して落ち着いてシュートを決める浦和が先制。浦和は全体的にプレーの精度が低い。あわやの場面もあったがクロスバーに救われる。
 後半、動きが悪い新潟に対して浦和が有利に攻める。新潟はマルシオリシャルデスに全然ボールが渡らない。前回のチームとは全く違う印象のチームになってしまった。
 浦和の中盤のチェックに対してボールが回らない新潟に対して、浦和はショート・カウンタを中心に攻める。中心は細貝。高原のシュートがこぼれたのを細貝が拾いセルにマイナスのパス。セルのシュートは相手にあたりゴールイン。
 浦和は、西澤→浜田、セル→林、エジ→赤星と交代。暢久のシュートのこぼれ球は高原の目の前にころがるが、高原は見事な空振り。あれが決められないと決めるシュートは無い。
新潟がからきしダメだったが、暢久の落ち着いたプレー、細貝は獅子奮迅の活躍、若手が自分のプレーをして結果を残したのは収穫。西澤良く頑張ったぞ!

|

« ACL西アジア地区 | トップページ | ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« ACL西アジア地区 | トップページ | ナビスコ④ 新潟戦(5/30@埼スタ) »