« 速報大宮戰 | トップページ | W杯最終予選&長谷部の活躍 »

2009年5月25日 (月)

第13節大宮戰(5/24 @埼スタ)

File0002 W杯最終予選中断前の一戦、浦和のダイナモとして活躍していた直輝が、累積警告のため出場停止。ポンテも合わせて怪我で欠場のため浦和の中盤の厳しさは否めない。
加えて、私は腰痛を抱えてのG裏参戦。非常に不安を抱えての一戦となりました。幸いなことに心配された雨はあがり、試合開始時は晴れ間がのぞく。
File0014 スタメンは、
----エジ---高原----
--原口------セル--
----啓太--阿部----
-細貝-闘莉王-坪井-暢久-
------都築------
サブは、山岸・浜田・三都主・西澤・赤星・峻希・林。主審はジョージ。直輝に代わって、高原のスタメン。エジとの2トップにして、中の枚数を増やすのは戦法としては良いと思いました。
File0036  前半、浦和は大宮の前目からのプレスをかいくぐる、落ち着いてパス回しは出来ていたと思います。怖いのは、前目でボールを奪われ石原・藤田に回されショート・カウンターを食うことです。大宮はデニマルを加えて3トップ気味の布陣でしたが、大宮の戦法にデニマルは全くフィットせず。ボールが渡ると途端にスピード・ダウン。守備はしないので、浦和はそこをついてサイドから攻撃を仕掛ける。
 浦和はパスをゴール前まで迫るが、ショートが打てないという、いつもの展開にはまる。
大宮は浦和のプレスの前にボールはつなげず、ボールを高めの位置から奪えないので有効なショート・カウンターも出来ず。、スペース目掛けてボールを蹴る全く退屈な見ていてつまらん展開となる。確率としては非常に点が入ることは低いと思っていたのですが、暢久のサイドにボールが出ると、暢久がいとも簡単に相手SBにかわされ、ショート気味の強いクロスを送られると、坪井に当たって失点。全くおいおい、それは無いだろうという感じの失点でした。
 浦和が圧倒的にボールを支配し、大宮はロング・ボールを蹴るしかない展開なのですが、時間経つうちに、パス回しではなく、セルなり、原口が単騎ドリブルで突っ込み、相手にボールを奪われようになる。もう一つ工夫が足りないのと、選手のショートに対する意識が低いのが問題ですね。
File0037  そうこうするうちに闘莉王が足の不調を訴えて途中交代。三都主が代わりに入り左SBに、阿部が一列下がり、細貝がボランチに入る。結果的には、この交代によって細貝の運動量が生かされ、中盤が活性化した。エジが取ったボールを三都主につなぎ、三都主のクロスがこぼれたところを細貝がミドルを決めて同点に追いつく。この交代で大宮の3トップの弱点をつくことが出来て、再三いいかたちでサイドからクロスが上がるが、大宮のマトが利いていました。精度の低いボールはマトに全てはじきかえされるイメージでした。

続く

 後半。大宮はデニマルを下げて浦和のサイド攻撃を防ぐ采配をする。後半の出足こそはよかったのですが、足が止まりだすと、大宮がバランスよく守られると、三都主・セルのボール離れの悪さが目につくようになる。
File0038  啓太はこの日も細かいミスが目につく。細貝は、前半の運動量は影をひそめる。足が止まった、セル・原口に代わり峻希・林を投入する。2人の投入で攻撃は盛り返したに見えましたが、やはり2人とも経験不足、フィジカルの弱さはある。プレーを早くしないと、相手に寄せられると厳しい。また、2人とも各1回ずつ、抜け出すが今の浦和を象徴しているのか、シュートは狙わず。シュートを打たないことには点は入らない。
File0049  高原は何のため起用されているのか、よく分からない。演技のへたくそな師匠という感じであれではファアルを取ってもらえない。そらそうだ、ボールを完全に自分でキープ出来ないとこでこけてもなあ・・・・・高原にボールが渡った瞬間が浦和の攻撃の終点ですね。今期得点を挙げられていないのも十分納得。何で、フィンケはこうも高原を使うのでしょうか?全く理解に苦しみます。
 ポンテが欠場にてからの4戦は勝ち無しとなってしまった。やはり、ポンテが不在なのは大きい。しかし、ナビスコは峻希・林ら若手を使って経験をつませてらと思う。高原のこける姿はもう見たくない。
 今日の観戦は腰痛の中、G裏での参戦。途中から腰が痛みだし、ストレッチをしながらの観戦となった。前のイスのへたりつくように無様な格好でストレッチをしていて、回りの皆様どうもすいませんでした。なんとか、腰はもちまちましたが、試合の中身とまさに同じ修行のような1戦でした。しかし、今までがうまくいきすぎていたのかもしれません。さらに、フィンケの戦術の熟成というか、シュートをもっと積極的に狙う気概で戦って欲しい。

|

« 速報大宮戰 | トップページ | W杯最終予選&長谷部の活躍 »

コメント

闘莉王の怪我が心配です。
代表戦も槙野を使うなりして、キリンカップは休ませて欲しいですね。

相手が相手だけに勝っておきたかったところ。
ボールはキープ出来ても、ポンテと山田直の不在が大きく響いたようですね。
勝ちきれないところは発展途上なので仕方がないが、鹿の3連覇だけは見たくない。
どこのチームでもいいから、とりあえず鹿を止めてもらいたい。


投稿: kobatake | 2009年5月25日 (月) 09:58

鹿島は勝負強い。しかし、秋から過密日程の前に失速すると予想。

投稿: ホイチョイ | 2009年5月25日 (月) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13節大宮戰(5/24 @埼スタ):

« 速報大宮戰 | トップページ | W杯最終予選&長谷部の活躍 »