« 速報川崎戰 | トップページ | Jリーグの移籍金廃止 »

2009年5月11日 (月)

第11節 川崎戦(5/10@埼スタ)

File0005 GW連戦の最終戦、相手はいまいち調子の上がらない川崎、ここで叩いておきたいところ。ポンテは足首の故障で欠場。体調不良で出場が危ぶまれた細貝はセンパツ出場。ポンテのいない分、代役のセルがどれだけ頑張れるかが鍵ですね。

.
File0009  スタメンは、
------エジ------
--原口--直輝--セル--
----啓太--阿部----
-細貝-闘莉王-坪井-暢久-
------都築------
サブは、山岸・堀之内・三都主・西澤・赤星・高原・峻希。ポンテに代わりセルが先発、赤星ベンチ入り。主審は西村。

 前半、ポンテの代わりにセルが入ったが確かにキープ力はあるが、あまりに運動量が少ない。守備もさぼり気味だし、とにかくボールを受けるときは足元、そして中盤でトボトボ歩くのは止めてほしい。明らかに今のチーム戦術には合っていない様子。まずは守備を一生懸命やってほしいですね。
 浦和は、30分過ぎにCKからエジがヘッドを決めて先制。川崎は中盤開き過ぎでバランス悪いが、浦和のGKとDFラインのスペースは再三狙われる。ジュニーニョが決定的シュートをはずすが、圧倒的に攻め込まれる時間帯もありなんとか、前半は1-0でしのぐ。
西村は立ち上がりこそ、芸風がかわったような笛を吹いていたが、坪井・細貝のダブル・イエローあたりからおかしくなり出す。基準が全然統一性がとれていないのだよね。流すのはいいのだけれど、そのあとのカード出す出さないの基準て何?個々のプレーの判定を見れば間違っていないのだけれど、あまりに試合の流れというか、展開に乗れないレフリング。試合が荒れそうな予感。

File0020  後半、PA内のテセにパスが通ったところで勝負あり。リターンを受けたジュニーニョに決められる。悪い時間帯が続いておりこれは必然の失点。真夏日の今日、先に足が止まったのは浦和。原口→高原、セル→峻希と交代する。スローインから、高原から阿部につないて、闘莉王がシュートを決め勝ち越し。
 しかし、その後PK、確かにPA内で闘莉王がジュニーニョの足を踏んでいるのですが、それがいきなりPKというのは、あまりに唐突という感じは否めませんでした。ましてや、ホームですよ。アウエーの鹿島で吹かれたなら十分に理解できるのですが・・・・・・
File0021  中村からレナチーニョにパスが通り、中のテセに闘莉王がもう少し厳しく体を寄せていっていたら。これはタラレバですが、しょうがないですね。
 あとは、西村ワールド炸裂。見ていてようわからんカードを出しまくり。後味が悪い1戦でした。お互いのいいところを出しあっての好試合で、各々得意としている形で得点も入り面白い試合でした。しかし、黒子に徹するべきレフリーが一番目立っていた。これは、あってはいけないことだ!こんなレフリーがSR改めPRとはかたはら痛い。

|

« 速報川崎戰 | トップページ | Jリーグの移籍金廃止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節 川崎戦(5/10@埼スタ):

« 速報川崎戰 | トップページ | Jリーグの移籍金廃止 »