« 何気に忙しい土曜の午前中 | トップページ | 第6節 京都戦(4/18@埼スタ) »

2009年4月18日 (土)

速報京都戦

 いい感じで2連勝した浦和、嫌な相手だが是非とも勝って連勝を伸ばしたい。達也・平川の故障というアクシデントはあったが若手に期待したい。
スタメンは、
FWーエジ、原口
MFーポンテ・直輝・啓太・阿部
DFー細貝・闘莉王・坪井・暢久
GKー都築
サブは、堀之内・西澤・三都主・林・セル・高原。主審は奥谷。
 前半立ち上がりは、中盤スペース無く、お互いにつぶしあいという展開。しかし、エジが京都の浅いDFラインの裏をついて先制。同じようなプレーでポンテからエジへ渡り、2点目と思われたが、これはエジのファール。これで京都のDF陣は腰が引けてしまい、中盤を浦和が制する。京都は浦和のプレスに手も足も出ない展開となり、危ない場面は無し。
直輝と原口がボールにさわると何か起こる予感。阿部も2列目より上がって、惜しいシュートを放つ。流れるようなパス回しから、阿部→暢久のクロスから、逆サイドの原口へ。直輝のシュートのこぼれ球を細貝がヘッドで押し込んだに見えたがオフサイドの判定でノーゴール。
 後半、カトキューは豊田・林と前目の選手を入れて来るが効果的とは言えず。FWとDFのスペースが開いてしまいイーブンボールはすべて浦和に。中盤を支配され、浦和のボール回しに京都は疲れるだけ。ポンテのロビングから原口は胸トラップでジャンピングボレー。これはGK正面。また、直輝とのパス交換で原口ミドルはポストのわずか外。
 しかし、20分過ぎからミスからクロスバー直撃&中央突破から暢久のナイスカバーで救われる。危ない時間帯はここだけ。原口→高原、疲れもあるかボールの回りが悪くなる。その後、フィンケは阿部→堀之内、ポンテ→セル。ロスタイム5分も危なげなく逃げ切り。
 坪井好調、闘莉王がこれほど目立たない試合も珍しい。追加点が取れれば文句ない試合だったが、内容はスコア以上、見ていて面白い試合だった。

|

« 何気に忙しい土曜の午前中 | トップページ | 第6節 京都戦(4/18@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報京都戦:

« 何気に忙しい土曜の午前中 | トップページ | 第6節 京都戦(4/18@埼スタ) »