« 監督の手腕 | トップページ | U20代表合宿 »

2009年4月14日 (火)

今後の展望

大分・名古屋と難敵に内容で圧倒しての連勝、5戦して勝ち点10は予想以上の出来といって良いでしょう。
開幕戦で鹿島の切れ味鋭いカウンターにやられた時は、その攻守の切り替えの遅さが致命的と思えたが、やはり直輝の起用でピッチ内をコマネズミのように動き回る活躍があったからでしょう。また、前目からボールを追う達也・エジの守備面での活躍も大きい。
今後の浦和の対戦相手は、京都→千葉→清水→新潟→柏と来て、川崎→G大阪と埼スタでの連戦になる。そして、その後W杯最終予選・ナビスコとなるわけでここまでにある程度の結果を残してもらえればと思います。幸いなことにACLもないわけで、ここは上位に是が非でも食いついて行きたい。
G大阪・川崎の予選突破は間違いないのところ、しかしリーグ戦では思うような成績が残せていない。それに比べると鹿島はしたたかな、いかにも鹿島らしい戦いをしている。リーグ戦で新潟に敗れ、ACLでも水原に1−4で大敗したが、しっかり立て直してきて、リーグ戦は首位、おまけに大迫が調子を上げている。
ただ、浦和は挑戦者なのだから、結果・失敗を怖れずに戦って欲しい。結果もついてくればそれに越したことはありません。フィンケのコンビネーション・サッカーの熟成ですね。

|

« 監督の手腕 | トップページ | U20代表合宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今後の展望:

« 監督の手腕 | トップページ | U20代表合宿 »