« 明日は大分戦 | トップページ | 第4節 大分戦(4/4@埼スタ) »

2009年4月 4日 (土)

速報大分戦

鬼門と化したホーム大分戦。社長交代発表された直後の試合、選手達にも影響がないわけではない。いかに普通の精神状態をキープ出来るかがポイント。
スタメンは
FWーエジミウソン、達也
MFーポンテ・啓太・直輝・阿部
DFーアレックス・闘莉王・坪井・暢久
GKー都築
アレックスの復帰、直輝の起用がポイント。サブは山岸、堀之内、原口、平川・西澤・セル・高原。主審は吉田。
前半から、浦和のベースで小気味よいテンポでパスをつないでいく。今日は目立ったのは直輝。労を惜しまぬ運動量で大分の守備陣を切り裂く。達也へのスルーパスも起点は直輝から。復帰した三都主もサイド攻撃はやはり本職は違う。ポンテが中央から左へドリブルしてくると、三都主がフリーになること多い。3バックの弱点を上手くついている印象。
PA内でのラストパス、シュートが課題なのは相変わらず。しかし、三都主がGKとDFラインの間に再三鋭いクロスを送って得点の匂いがする。得点はその形から、三都主のクロスの大分DFがオウンゴール。
大分は1トップ、2シャドウだが前線にボールが収まらす。サイドからの攻撃も迫力ない。
後半も浦和のベース。闘莉王が怪我というか、前半から激しくけづられたため、高原と交代。ビックリした交代だったが、直輝・阿部を一列下げ対応。三都主→達也→直輝の絶好機があったが決めきれず。
大分は金崎怪我で攻めの形が出来ず。達也→堀ノ内、エジミウソン→原口で逃げ切り。後半35分過ぎからは直輝がボールも持つと埼スタは異常な雰囲気に!直輝は右サイドからの強烈なシュートは決めて欲しかった。結果は1-0だったが、内容的には快勝だった。

|

« 明日は大分戦 | トップページ | 第4節 大分戦(4/4@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大分戦:

« 明日は大分戦 | トップページ | 第4節 大分戦(4/4@埼スタ) »