« 速報千葉戦 | トップページ | フクアリに行って来た! »

2009年4月26日 (日)

第7節 千葉戦(4/25@フクアリ)

File0033  またまた、1-0というスコアでの勝利。5試合連続で1点しか取れないと悲観的の考えるより、5試合連続で無失点で勝利している。守備面、そう攻撃的守備あるいはコンビネーションDFを評価すべきなのかもしれない。スコア以上の満足感というのを非常に感じます。
.

File0040 スタメンは、
---原口---エジ---
--直輝-----ポンテ--
----啓太--阿部----
-細貝-闘莉王-坪井-暢久-
------都築------
サブは、山岸・堀之内・三都主・西澤・セル・高原・峻希。怪我で出場が危ぶまれた直輝も先発。峻希がベンチ入り。連勝で来ているいい流れをこのまま継続出来るかが今日のポイント。

File0050  前半は、大雨でピッチがぬかるみ、連動サッカーの生命線といえる素早いパス回しができない。加えて、ホームの勢いをかって激しく攻め立てる千葉のプレスに苦しむ。最悪の状態に近い出来でした。こういう状態でこそバランスを崩さないことが肝心で、今日の浦和はその辛抱が出来た。
 3トップ気味の千葉が前線から盛んにプレスをかけてきて、FWはおろかボランチもなかなか前を向けないような状態が続く。千葉の陣形はDFラインも浅く、コンパクト担ってきている。DFラインの後ろには広大なスペースがあるが、エジがさかんに裏を狙う動きをするが、パスも不正確で繋がらない。
File0053   浦和のパスも、大雨のためかつながらない、ポンテには全くと言っていいほどパスがいかない。千葉のプレスに苦しみDFラインからのロングボールが多くなるが、闘莉王のフィードのミスが多い。となると当然に千葉のペースになるわけですが、浦和の千葉に負けないプレスをかけ続けるため、千葉も攻撃らしい攻撃もなし。浦和は攻守の切り替えが早く、千葉に攻撃の余裕を与えない。千葉はなかなかシュートにもっていけない。千葉は巻にロングボールを集め、そのこぼれ球を拾うという戦術なのですが、深井・谷澤の距離感が悪いのか、巻の競ったボールのセカンドボールはことごとく浦和に拾われる。千葉は前半からとばし過ぎの感があり、浦和のチャンスは無かったが後半への期待する。

File0036  後半は、立ち上がりから浦和のペースとなる。エジの頑張ったボールをポンテが拾い原口にスルーパス。原口はGKと1対1になりかけたが、最後のトラップが大きくなりチャンスを逸する。その後も、浦和はサイドで数的優位を作り、敵陣深くに侵入することに成功、千葉が雨にせいか、それとも前半の飛ばしすぎの影響か、陣形をコンパクトに出来なくなる。
 千葉の選手が負傷で一人少ない時間帯でした。左サイドで数的優位を作り、前線に上がった阿部びボールがわたると、直輝と原口が前に動く。阿部から左サイドの直輝へ。直輝のロビング気味のクロスはファーでフリーのエジへ。エジが楽々とヘッドでゴール。
 その後の絶好機があったが、ポンテはフリーの原口へパスせず自らシュートするが枠を外れる。後半開始から20分くらいまでは全く浦和のペース。前半とは違う戦いを、ハーフタイムで修正したのか。この時間帯で訪れた好機を逃さないのが今の浦和の好成績につながっているのか。
File0052  その後、原口→セルと交代するが、攻撃のテンポは悪くなりましたね。セルはキープ力は買うが、運動量もいまいちで今の浦和では終盤の逃げ切りの時、コーナーでボールをキープするくらいしか見どころは無い?奮起を期待する。
 千葉は結局のところ浦和のプレスの前にさして有効な攻めを見出すことが出来 ず。File0055執拗に巻を狙ったロングボールも、そのセカンドボールを奪えないと効果ないし、さりとて切れ味鋭いカウンターがあるわけでない。その辺が千葉の苦戦の原因か。深井・谷澤ももう少し頭を使ってプレーした方が良い。
 フィンケはその後も、ポンテ→高原、直輝→堀之内と交代して、しっかりと時間を使い、まんまと逃げきりに成功する。シュートFile0071 数も8:4と見所の少ない一戦でしたが、浦和に自分に時間帯にきっちり得点を挙げた。また、前半戦の戦いとは違い後半はサイドで数的優位を作ることによって、戦い方を変えることによって展開を切り開いた、これが今日の収穫でしたね。しかし、2点目を取るのと失点を喫するのとどっちが先になるのでしょうか?これは、今後の楽しみです。
 

|

« 速報千葉戦 | トップページ | フクアリに行って来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7節 千葉戦(4/25@フクアリ):

« 速報千葉戦 | トップページ | フクアリに行って来た! »