« フィンケからお礼状が届く? | トップページ | ACL 鹿島vs上海申花 »

2009年3月18日 (水)

ACL G大阪vsFCソウル

 ACLの一次リーグの第2戦が行われた。日本勢は、G大阪はアウェイでFCソウルに快勝、名古屋はホームで北京に引き分けた。
 G大阪とFCソウルの一戦は非常に興味深いものがありました。結果からすれば、4−2でG大阪が圧倒したかに思えますが、内容的には同点にされた前までは、完全にFCソウルのペースで決してG大阪の楽勝という内容ではありませんでした。
 FCソウルは、韓国のチームらしく激しい当たりで臨んできました。G大阪は相手DFのクリアミスを山崎が決めて同点にするが、その後はFCソウルの厳しい当たりに押されて中盤を制せられる。安田が切り替えされたプレーを決められていたら、どうなったか分からなかった。先制してからは、FCソウルの一方的展開。非常に厳しい玉際の当たりで、G大阪に得意なパスサッカーをさせず、右サイドを完璧に崩し、逆サイドにフリーになり同点にする。G大阪もパスの出しどころに厳しく来られると、得意のパスサッカーが出来なくなる。
 でも、それを救ったのはセットプレーでの遠藤の正確なキックでしたね。コントロールされたボールは、絶妙にGKの頭を越えてフリーのレアンドロに。
 勝ち越すと、攻めにはやる相手に対して、カウンターをかませて決定的2をレアンドロが決める。
 G大阪強しという印象ですが、FCソウルはG大阪攻略のヒントを与えてくれたように思います。フォアチェックでパスの出し手に厳しく行く。イーブンボールに対しても体を張って取りに行く。まあ、いわゆる根性戦法と申しますか、体を張って前から当たることです。でも、この戦法は90分持たないと思いますので、先取点が必要ということです。また、2失点とも守備陣はあっさりと失点してしまったという印象です。ただし、攻撃陣は脅威です。レアンドロは、G大阪のパスサッカーにフィットしてきたし、チョジェジンも得点は上げていないが、ターゲットマンとして機能し、セットプレーでヘッドを決め出すと手がつけられなくなるでしょう。
 さて、今日鹿島と上海との一戦、鹿島は負けると予選敗退という事態も現実となってくる。連敗のショックをどれだけ払拭しているか注目だ。

|

« フィンケからお礼状が届く? | トップページ | ACL 鹿島vs上海申花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL G大阪vsFCソウル:

« フィンケからお礼状が届く? | トップページ | ACL 鹿島vs上海申花 »