« 練習試合: 水戸戦 | トップページ | 語る会 »

2009年3月 3日 (火)

まじっすか!ロッドが埼スタにやって来る!!

これが本当なら悶絶です。ホーム開幕戦も楽しみだ!

 今月、13年ぶりに来日公演を行う英ロック歌手のロッド・スチュワート(64)が、14日のサッカーJ1・浦和のホーム開幕戦(対F東京、埼玉)に特別ゲストとして登場するプランが1日、分かった。浦和サポーターが勝利時に歌う曲が、ロッドの「セイリング」のカバーという縁や、同日に埼玉公演があることなどから、球団がラブコール。サッカーファンのロッドもオファーに感銘を受けており“勝利のコラボ”が実現しそうだ。
 英ロック界の大御所ロッドが、レッズの“最強助っ人”となる。
 ロッド本人が「イギリスではほとんど国歌といっていいくらいだ」と豪語する75年の全英NO1ヒット曲「セイリング」。浦和サポーターの間では、同曲に日本語歌詞をつけたオフィシャルサポーターズソング「We Are Diamonds」が、勝利の際にスタジアムで大合唱されている。
 くしくも今回、ロッドの来日公演最終日となる14日の会場は、さいたまスーパーアリーナ。浦和の本拠地開幕戦と重なることもあり、球団が日本のレコード会社、プロモーター側に来場を打診した。プロモーター側は、6万人を超える浦和サポーターがスタジアムを埋め尽くし、「セイリング」のカバーを歌う映像や関係資料をロッド側に送付。大のサッカー好きのロッドはとても感銘を受け、両者による最終調整に入っている。
 浦和としては午後2時開始の試合に勝利し、ロッドとともに歓喜の歌を歌いたいところだが、ロッドの公演が午後5時開演のため、移動やリハーサル時間などを考えると、試合前のセレモニーでの登場が有力。大事な一戦を前に、勝利の“前祝い”で景気を付けることになりそうだ。
 ロッドは自分のサッカーチームを持ち、リーグ戦も行うほどのサッカー好き。公演でサイン入りサッカーボールを客席に蹴り込むパフォーマンスも有名だ。今回が7度目の来日だが、日本に来た当初はサッカーのプロリーグがないことを残念がっていた。前回96年の来日時にはJリーグの盛り上がりを知り、観戦を楽しみにしていた。
 スコットランド・プレミアリーグ、セルティックの大ファンで、所属する中村俊輔も応援するロッド。来場は浦和だけでなく、Jリーグ全体をも盛り上げてくれる。

だけど、ロッド一曲だけはないぜ!大黒摩季だって3曲歌ったよね。よろしくお願いします。

|

« 練習試合: 水戸戦 | トップページ | 語る会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まじっすか!ロッドが埼スタにやって来る!!:

« 練習試合: 水戸戦 | トップページ | 語る会 »