« 鹿島連敗 | トップページ | フィンケからお礼状が届く? »

2009年3月16日 (月)

フィンケの采配

 ホーム開幕戦は久しぶりのスカッとしたとした勝ち方で、今までのモヤモヤを晴らしてくれました。注目すべきはフィンケの采配ですね。去年までの浦和の戦い方て何だろうという感じでしたね。
 瓦斯戦も、基本的な選手起用は鹿島戦と同じ。ただ、鹿島戦の反省に立って両SBの最初の位置取りは低めで、人に強い暢久を右に入れ、細貝を左に回した。ただ、SBの位置を低くして、引きこもりで行くわけでなく、FWに一旦預けてから、サイドへ回す。そう、一旦闘莉王に戻してから、達也・エジミウソンへのフィードのボールが入り、啓太・エジミウソンを経由してからサイドへ振ることによって、サイド攻撃は機能したように思います。闘莉王のフィードは正確、相手FWにプレスをかけられても、それをかわす技術の高さ、改めて闘莉王の存在感を知らしめたように思います。また、攻撃にかける時間帯も多く、上がり過ぎと思いましたがその時はしっかりと啓太・阿部がカバーしていました。
 原口は、ポンテとともにサイドからの受け手として機能していましたが、やはりその後達也にボールを預けてしまうという感じで、まだ思い切りが悪い。セーフティー・ファーストになるのは分かるが、リスク・チャレンジングなプレーをもっとやって欲しい。
 瓦斯戦の一番の驚きは直輝の起用だろう。後で映像で確認すると、交代の場面でもフィンケもかなりテンパった様子で、直輝にまくし立てていて、モラスが間に入るまで少し間がありましたね。でも、フィンケの指示した間延びした中盤のスペースを埋める仕事は十分にこなした。また、3点目の局面でも坪井からパスが来る前に右でフリーのポンテをしっかりと確認していた。
 3点目は坪井の得点と言っても良かったですね。クロスを上げたあと、全速力でディフェンスの位置に戻ろうとして、ゴールの輪に加われなかったのは、律儀な坪井らしいが。坪井の周りにも輪が出来ていたっけ。
 堀之内の起用についても、フィンケのコメントは良かったですね。監督からの信頼があるから、堀之内もただ引くだけでなく、3ボランチあるいはアンカー役として積極的にボールを奪いに行っていた。
 とにかくフィンケの采配は素晴らしいと思います。ふりかえれば、ここ数年チームの戦術は個人頼みだったことを考えれば当然といえは当然ですか。ただ、またまだ足りないこともあります。現状満足することなくさらなる進歩を期待します。

|

« 鹿島連敗 | トップページ | フィンケからお礼状が届く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンケの采配:

« 鹿島連敗 | トップページ | フィンケからお礼状が届く? »