« ナビスコ① 広島戦(3/25@広島ビッグ) | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」をみてきた »

2009年3月27日 (金)

明日は代表バーレーン戦

 またバーレーン戦です。岡田ジャパンになってから五回目の対戦となります。WBCの韓国戦のデジャブーのような気がします。
 しかし、この一戦の持つ意味は大きいと思います。日本が勝てばW杯の本大会への出場に大きく前進、万が一負けるようなことがあると、バーレーン・カタールを含めた大混戦に落ち着いる恐れが出てくる。
 過去4戦の戦いは、いづれも1点差の接戦でお互いに手の内は分かっている。岡田監督は「バーレーンは嫌らしいチーム。相手の嫌がることをする。だが、自分達の力を出せば勝てる」としている。確かにW杯最終予選のアウェイは、3−0として完勝の流れでしたが、バーレーンはそれから嫌なところにボールを出して、日本のミスから2失点を喫して、楽勝のはずが最後はかさにかかった攻めにあい1点差の辛勝でした。
 日本の負けた2戦は、共にアウェイでの戦いで中村・遠藤がいなかった。(遠藤はどちらか途中出場?)前線に大きくけってからボールに寄せてくる、いかにも前時代的サッカーですが、だが攻めに転じてはボールの預けところを失うと中盤での機能を失ってしまうという日本の弱点をついてくる。バーレーンは大きく蹴って、その後中村と遠藤を包囲する。本当に糞サッカーの典型で見ていてストレスのたまるサッカーになると思います。中村・遠藤をおとりに素早くサイドに繋いでいく、そして前線からプレスを仕掛けバーレーンに思ったようなロングボールを蹴らせない、そんな展開にもっていく必要があります。
 ここまでW杯最終予選はホーム2戦して2引き分け、だからといって決して攻めにはやる必要はない。相手がせめてこないなら中盤でボールを散歩させ、カウンターを注意する。前にきたところで一気に攻めにかかる、そんなとこでよい。明日はどんな糞サッカーで良いから、負けないこと。それがノルマです。

|

« ナビスコ① 広島戦(3/25@広島ビッグ) | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」をみてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は代表バーレーン戦:

« ナビスコ① 広島戦(3/25@広島ビッグ) | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」をみてきた »