« ACL開幕 | トップページ | 秋春制導入へ再検討 »

2009年3月11日 (水)

ACL日本勢好発進

 ACLの初戦が行われ、G大阪・名古屋の日本勢はそろって勝利し好発進をきった。中国・韓国勢を破っての勝利で今年の日本勢が強いなあという印象です。

 G大阪は、山東魯能(中国)と対戦。ガタイのいい中国のチームに対してG大阪はどう対応するか注目していましたが、この手チームとの対戦はG大阪はおてものもの。去年のアデレードとの戦いを見ているようでした。確実にポゼッションを奪ったG大阪のペースでした。前半、FWレアンドロが相手ゴール前の混戦からこぼれたボールをペナルティーエリア内の左から低い弾道でシュートを放つ。相手GKは体に当てたが止め切れず枠内へ。G大阪が先制。レアンドロは山崎と組んで、相手DFをかきまわす。
 後半は、山崎に代わってチョジェジンを起用、これはターンオーバーか。これもいい感じ。動き回るレアンドロとゴール前ではるチョジェジンと特徴がよく出る。山東魯能が左サイドからクロスを入れ、GK松代のパンチングによるこぼれ球をFW呂が右足で触ったが、ゴール右。決定的な場面だったが、G大阪は呂のコントロールミスにすくわれた。G大阪の危ない場面はこれくらい。あとは、ハンドで得たPKを遠藤が決める。山東魯能のGK、遠藤より先に動いたら絶対にダメだよ。そんな情報も得ていない?佐々木を投入、MF遠藤の左サイドからのクロスは、相手DFにクリアされたが、そのこぼれ球を入ったばかりのMF佐々木が右サイドから右足でロングシュート。鮮やかに決まってリードは3点に。佐々木は流れを変えられるプレヤーですね。レアンドロ・チョジェジンにしても、自分が欲しいと思うところにボールは出ない。そんな状態でも、3-0。レアンドロ・チョジェジンがフィットしてきたら、手がつけられない。G大阪は相当強いと思う。

 名古屋は、蔚山現代(韓国)と対戦。蔚山現代は浦和と練習試合をして、3-2で浦和の勝利でした。名古屋も、ダビと玉田のFWが注目されるところ。前半、名古屋のペース、田中隼、佐藤の両サイドが目立つ。玉田が抜け出し決定機つくるが、GKに阻まれる。ところが、CKからチェジンソに決められて先制許す。その後は蔚山のペース。
 後半に入ると、CKのこぼれ球を拾ったMF中村のクロスをDF吉田が頭で合わせて同点弾を決める。蔚山のプレスに対してなかなか攻めの形を作れない。CKからFWダビが頭で合わせゴール左隅に決め逆転、また玉田のゴール前へのFKをMFマギヌンが飛びこんで頭で押し込み、蔚山現代を突き放す3点目。名古屋も新加入のダビがフィットしている。相当手ごわい印象だ。

|

« ACL開幕 | トップページ | 秋春制導入へ再検討 »

コメント

やはり、レッズが出てないとACLも興味が薄れますね。
強いて言えば、天津に中田がローマ時代にチームメイトだった元イタリア代表のトンマージを見てみたい気がします。
日韓W杯では、絶妙の抜け出しをオフサイドと判定され韓国に負けた因縁があるので、韓国勢と当たるのが楽しみだったり(^^;)

三都主が14日に間に合うような記事が出てましたね。
開幕戦みたいにSBの背後を突かれることを考えると、危険な左SBでの起用よりも原口がやっていたポジションがベストかもしれませんね。
なにより、直接FKでの得点を期待出来るのが一番の好材料です。

投稿: kobatake | 2009年3月11日 (水) 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL日本勢好発進:

« ACL開幕 | トップページ | 秋春制導入へ再検討 »