« 新潟への旅 | トップページ | 練習試合:浦項戦 »

2009年2月18日 (水)

長野への旅

 さてさて、2日の旅は長野方面へ行くことに。善行寺と松本城をめぐる旅の予定です。
(第2日)大宮→長野→松本→長野→大宮

P1010202 あさまで行きますと、まずは軽井沢を入ったところで浅間山の噴火でお出迎え。現在も、噴煙があがっているのが確認できました。
 それとあさま号は結構な人が乗っていました。上越新幹線は越後湯沢で多くの人が降りてしまいましたが、あさまは長野まで乗っていく人が多い。

P1010214P1010212   長野駅到着。新幹線完成で駅舎は本当に綺麗になりましたね。それと、駅前には結構な商業施設が建築され長野五輪の効果なのですかね。善行寺までは徒歩でも行けるが、かったるいので100円バスに乗って行くことに。善行寺いく道中も結構趣のある建物とかあるので徒歩がお勧めですね。

 P1010216   P1010217

 権現堂商店街を過ぎて、山門へ向かうとこんな風景が良いですね。北野文芸座でしたっけ、北野建設のメッセ活動か何かで、そんな建物もありまよね。

P1010230P1010228 今年は7年に一度の御開帳なのですね。時期は、4月5日~5月31日までで、現在の時期はまだ残念ながら行われておりません。善行寺の1光3尊の阿弥陀様を直接拝むことはできないが、代わって分身の前立本尊を7年に一度本堂にお迎えするのが御開帳だそうです。確か、2回前の時は、本堂に出仕される住職にお数珠で頭を撫でてもらった記憶がありました。仏縁をふかめ無病息災を祈るならわしだそうです。

P1010223P1010231  仁王門、山門と過ぎて本堂に迎います。

 P1010234   P1010236

  本殿です。御開帳の時は回向柱ができるようです。善行寺は宗派がないようですね。
 こういう施設を巡ると、仏教の持つ神秘性というか、その仏教に導かれている日本人の特性をうかがい知ることができますね。宗派を問わない善行寺のようなお寺があることは、本当に日本的というか、宗教によって争いが発生しない、日本人の単一性といか、ここのとこは日本の最大の美徳であるような気がしてなりません。

 周囲をめぐり、近場の信濃美術館を巡ろう考えたが、ここは東山魁夷の作品が収められているのですね、ちぃと時間的に厳しいので、長野駅に戻る。

P1010265 P1010276  「ワイドビューしなの」で松本に向うが、しなのはガラ空きで自由席の1号車の先頭席が取れる。駅弁を食らいつつ、しばしの鉄ちゃん気分を存分に味わう。ものの1時間で松本に到着。松本城まで徒歩で向かう。行きは目抜き通りをはずして行ったので、さみしい気がしましたが大通りは活発でしたね。

P1010291P1010342   松本時計博物館や歴史由緒正しい建物が数多くあり非常に雰囲気のある街並みですね。さてさて、そうこうしているうちに、国宝松本城に到着。城の百選に選ばれているあって勇壮な姿が印象的。

P1010307P1010334   松本城は入場料600円で天守閣まで登っていけます。また、歴史資料館も共通で見学できます。こんな急な階段をのぼって6階の天守閣までのぼります。でも、天守閣は思いのほか狭いのね。そんなこんなで、旧開智学校にも行きたかったのですが、歴史資料館まで見学するとさすが疲れが出てやめにしました。

 松本駅に着くと、「あずさ」で帰るか、長野にもどり新幹線で帰るかの選択となりましたが、大宮ならやはり新幹線の方が早いので、来た道をまたもどることに。あずさでは新宿まで約3時間、おしりが痛いので止めにしました。鉄ちゃんとしてはひと筆書きであずさでかえるのが正当だったのだろうな。

 とまあ、こんな感じで新潟・長野の旅を満喫してきました。企画立案者も非常に満足しや様子でした。帰りの長野新幹線は、今日一日の疲れを癒す間もなく激寝でした。

|

« 新潟への旅 | トップページ | 練習試合:浦項戦 »

コメント

自分はスキーとかやらないので、最近でも長野に行ったのは10年以上前です(-_-;)
諏訪湖が緑だった記憶しかありません(^^;)

投稿: kobatake | 2009年2月19日 (木) 01:30

ウエルカム・トゥー。鉄ワールド。

投稿: ホイチョイ | 2009年2月20日 (金) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野への旅:

« 新潟への旅 | トップページ | 練習試合:浦項戦 »