« 日本アカデミー賞2009 | トップページ | Tさんへ! »

2009年2月23日 (月)

練習試合:鹿屋体育大

鹿児島・指宿で合宿中の浦和は22日、鹿屋体大との練習試合に臨み、高原らのゴールで4-0と快勝した。

<試合結果>
浦和レッズ 4-0(前半1-0)鹿屋体育大学
得点:6分林、64分エジミウソン、68分オウンゴール、88分高原

【浦和レッズ】
[前半]
GK都築
DF西澤、闘莉王、坪井、永田
MF阿部、赤星、高橋(27分→細貝)、林、原口
FW高原

[後半]
GK山岸
DF西澤(53分→濱田)、闘莉王、坪井(72分→橋本)、永田(57分→野田)
MF阿部、細貝、赤星、林(72分→加藤)
FW高原、エジミウソン

高原が凄いゴールを決めたようですね。相手は格下の大学生。だが、それを考慮しても圧巻の一発だった。試合終了間際、MF細貝からの右クロスに、右足一閃(いっせん)。鮮烈なジャンピングボレーでネットを揺らした。「今は自分たちがどういうサッカーをするのか、という時期。ゴールを決めたからどうというのはない」。素っ気なく振り返るが、昨年のパフォーマンスとは質が違うという感じですかね。昨季は十分な準備ができなかった。年末年始は移籍のため日本とドイツを往復し、休むことなく代表合宿に参加。開幕時には住居も決まっていなかった。
 だが、今季はオフにグアムで2度の自主トレをこなし、ここまでの合宿も非常に順調に仕上がっている。フィンケも、かつては日本のエースと呼ばれながらも、浦和移籍初年度となった昨季、リーグ戦6ゴールと不振を極めた高原再生の手応えを口にしている。
 達也・闘莉王の出来に関しても満足している様子です。また、GKの加藤をフィールドプレヤーに使った件についても、フィンケらしいコメントを残していますね。セル・ポンテがこの日は別メニューだったが、コンデションには大きな問題はないようで、暢久・アレックス以外は特に問題はないようで、ここまでは順調にきている。合宿ではKリーグの蔚山現代と最後のトレーニング・マッチを行い、来週のウイークエンドは大宮と非公開のトレーニングマッチを行う予定。そう、開幕まではあと2週間なのですね。

|

« 日本アカデミー賞2009 | トップページ | Tさんへ! »

コメント

開幕が待ち遠しいですね。
監督が変わってもそう簡単にサッカーが劇的に変化するものでは無いと言われてますが、自分が「無から脱却」をイメージしてるので、ぶっちぎりでの優勝を期待せずにはいられません。
それを考えると開幕戦は引き分けでもいいじゃなくて、勝っておきたいところですね。
去年、前半戦調子のよかった大宮はプレシーズンでも好調みたいなので、この辺のチームに足許をすくわれないことが大事だと思います。

投稿: kobatake | 2009年2月23日 (月) 11:07

林が抜擢されたことは驚きでしたね。さあ、開幕が楽しみだ!

投稿: ホイチョイ | 2009年2月26日 (木) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合:鹿屋体育大:

« 日本アカデミー賞2009 | トップページ | Tさんへ! »