« 達也故障 | トップページ | ゆうちょ銀融資業務解禁検討へ »

2009年2月 5日 (木)

代表フィンランド戦

 あまりにフィンランドが弱すぎましたね。これでは仮想オーストラリアなんて言ってられない。リトマネンが先発?昔の名前で出ていますという感じですか。

------都築------
-内田-中澤-闘莉王-長友-
----遠藤---橋本---
-中村憲--岡崎--香川--
------玉田------ 

バーレーン戦から闘莉王、遠藤が復帰。遠藤が復帰した分、ボールの落ち着きどころが出来ましたね。都築は久々の代表先発。
 立ち上がりから日本のペースで、日本のプレスにフィンランドはボール運びさえままならぬ。右サイドから内田が最終ライン裏にスルーパス。岡崎が再び抜け出すと、飛び出したGKをかわして左足でシュート。ゴール右スミに決まり、日本が先制する。続いて、中央の中村憲が右サイドにクロスを上げると、岡崎が相手ラインの裏に抜け出して右足を振り抜いたシュート。GKの右手をすり抜け、ゴール左に決まり2点目。前半終了間際に、相手のミスパスを拾った香川が相手DFをかわして3点目。余りに、フィンランドの派がいなさに唖然。

 後半に入ると、CKからのこぼれ球を決められる。これはオーストラリア戦を考えると、絶対にやってはいけないプレーでこれは修正点ですね。その後も、右CKからショートで出すと内田がファーサイドに高いクロス。中沢が相手DFに競り勝って叩きつけるヘディングシュート、GKの手をかすめてゴール右スミに決まり、日本が4点目を挙げる。最後は、左サイドの長友からパスを受けた安田が中央に切り込んで右足のシュート。正面に飛んだシュートをGKキャッチングミスしてしまい、ボールはゴール左に吸い込まれる。日本が終了間際にダメ押しゴールを奪う。

 あまりに、歯がいない相手で仮想オーストラリアの参考にならなかった。オーストラリアは長谷部、中村俊が加わりどうなるか。

|

« 達也故障 | トップページ | ゆうちょ銀融資業務解禁検討へ »

コメント

GKは都築でしたけど、ちょっと安定感に欠けますね。
ボールをキャッチ出来なかったり、抑えられなかったりで見ていてヒヤヒヤしました。

中盤は昨日のシステムだと、遠藤と岡崎を残して海外組(中村俊、松井、長谷部)と入れ替えになるでしょう。
オーストラリア戦は試合の状況によっては途中から中村憲、香川、橋本、今野、安田辺りのどれかを投入するといういつもの展開になると思います。

投稿: kobatake | 2009年2月 5日 (木) 09:42

失点の場面は都築と闘莉王の連携ミス?ガタイのよい相手FWに体を寄せられてパンチングができない。これには注意しないといけない。オースラリアにはさに大型なケネディがいる。

投稿: ホイチョイ | 2009年2月 8日 (日) 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表フィンランド戦:

« 達也故障 | トップページ | ゆうちょ銀融資業務解禁検討へ »