« 練習試合:浦項戦 | トップページ | 啓太がキャプテンに! »

2009年2月20日 (金)

ごん兵衛@日高

 しばらく振りのうまい物の更新です。日高市役所の少し先。民家と渾然一体ていう感じで少し分かりにくい。テーブル席3つ、カウンターが4席。店主のおばちゃんが一人で仕切っている。先客一組いたが店主の姿が見あたらす少し待たされた。

F1000008
.

.

.

.

肉汁うどんの並盛り ¥550。

F1000009
.

.

.

.

他にためき・キツネが600円ということ。価格設定はどうなの?という感じです。
店主のおばちゃんが一人で仕切っているため、注文してから品が出て来るまでに暫く時間がかかるが、まあそれも風情があるということで。約20分はかかったでしょうか。
出て来たものは、うどんとつけ汁、その他に白菜の漬け物とサツマイモの煮付けでした。うどんはいわゆる地粉の武蔵野うどんで、並みでも相当の量があります。麺は農林61号を100%使用している。固さはさほどないが、噛み締めると小麦のうまみが広がる。量も500gぐらいある。それでこの値段は非常なお得感。つけ汁が素晴らしいと思った。少しばかり辛口であるが、肉のうま味と野菜、白菜とねぎが細かくほどよい大きさにカットされ、おそらく野菜もkなり煮込まれるのであろう、汁が十分にしみこんでいることより、野菜の甘みが肉汁のうま味と渾然一体感をなす。
 店舗も農家の敷地内って感じだし、採算を考えなくてもいいのだろう。しかしそうなると常連客に甘えて接客がルーズになる店が多いなか、ここはしっかりしている。
 カレーうどんなはなく、キムチうどんというのがある。あとで調べてみると、日高市は高麗川を含んでいて、古くから朝鮮半島からの移住者がいる土地なので、キムチが名物なのだという。もしかしたらなかなかレベルの高いキムチかもしれない。

 本当においしかったから、店主のおばちゃんに正直に感想を述べる。そうしたら、おばちゃんは本当にうれしそうな笑顔をしてくれましたね。一人で切り盛りしている分だけ、こういったお客の言葉は、おばちゃんのモチベーションにつながるのだろうなと思いました。近くにある、風月のかけといい勝負ですね。また、近いうちにもう一回行こう。

|

« 練習試合:浦項戦 | トップページ | 啓太がキャプテンに! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごん兵衛@日高:

« 練習試合:浦項戦 | トップページ | 啓太がキャプテンに! »