« 啓太がキャプテンに! | トップページ | 練習試合:鹿屋体育大 »

2009年2月22日 (日)

日本アカデミー賞2009

日本アカデミー賞の発表がありました。結果は、『おくりびと』 が10部門にて受賞ということになりました。

最優秀作品賞          『おくりびと』
最優秀アニメーション作品賞 『崖の上のポニョ』
最優秀監督賞          滝田洋二郎 『おくりびと』
最優秀脚本賞          小山薫堂 『おくりびと』
最優秀主演男優賞       本木雅弘 『おくりびと』
最優秀主演女優賞       木村多江 『ぐるりのこと。』
最優秀助演男優賞       山崎努 『おくりびと』
最優秀助演女優賞       余貴美子 『おくりびと』
最優秀音楽賞          久石譲 『崖の上のポニョ』
最優秀撮影賞          浜田毅 『おくりびと』
最優秀照明賞          高屋齋 『おくりびと』
最優秀美術賞          桑島十和子 『パコと魔法の絵本』
最優秀録音賞          尾崎聡、小野寺修 『おくりびと』
最優秀編集賞          川島章正 『おくりびと』
最優秀外国作品賞       『ダークナイト』(ワーナー)

『おくりびと』 の独り勝ちということで、広末だけが『おくりびと』 になってしまったという結果でしたね。『おくりびと』 は作品的にいえば、最優秀作品の値する作品だったと思います。本木のチェロ奏者から納棺師へというすごい展開ですが、本木・山崎の所作、そして周りを固める俳優陣で支えられましたね。笹野や峰岸らも良かったですね。峰岸もこれが遺作でかつ死体での出演でインパクトありましたね。
 本木の主演男優賞は妥当でしょうが、堤も良かったですね。『容疑者X』の主演は福山ではなく堤だと思う。助演男優賞も堺でも良かったかもしれないが、山崎は『おくりびと』 『クライマーズハイ』と2作品出てた分だけの勝利か?
 日本アカデミー賞は大手配給で、そこそこ評判良くて、かつテレビ映画ではない作品。
受賞の条件はこのあたりなのですかね。『容疑者X』も堤・松雪の演技に支えられいかったと思いましたが、福山・柴崎と欠席してしまったのが致命的だったか。また、日テレの『20世紀少年』がノミネートされていませんでしたが、これは来年の対象でしょうか。でも、テレビ映画ですからから受賞は厳しいでしょう。

 今年はまだ。「感染列島」「20世紀少年」しかまだ見ていません。(完全にテレビ映画ですね。)時間がある限り邦画を中心に、少なくても月1本は見ていきたいと思います。次はジェネラールルージェ?相変わらずミーハー・テレビ映画路線?

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

|

« 啓太がキャプテンに! | トップページ | 練習試合:鹿屋体育大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞2009:

« 啓太がキャプテンに! | トップページ | 練習試合:鹿屋体育大 »