« DIY | トップページ | W杯最終予選オーストラリア戦 »

2009年2月11日 (水)

またりと休日を過ごす

 寒い一日となりましたね。代表は夜、W杯最終予選オーストラリア戦ですが、こりゃ寒そうですね。横国でなく埼スタならば行こうと思っていましたが、やはり行かずにTV観戦が正解?でも、1年前は雪のなか、タイ戦を埼スタまで見に行ったけ。さすがにそこまでの根性はない。3月28日のバーレーン戦は埼スタでやるみたいだからこれは行きましょう。

 大原に行こうかなと思いましたが、この寒さで断念。TSUTAYAでチームバチスタを借りてこようと昨日帰りにのぞいてきたが、借りられてしまい残念。黒澤明のベスト5をBSでやっていたのを録画した、「用心棒」を見ていました。62年のモノクロ作品ですが、その圧倒的なテンポの良さには感心です。殺陣も見事で、三船敏郎演じる桑畑三十郎と仲代演じるニヒルな卯之助との絡みも面白い。包丁で卯之助の拳銃を握る手を刺すとこも良い。えーと、たしかベスト3だと思いましたがそれだけの作品でしたね。確か、5位「天国と地獄」、4位「生きる」、2位「赤ひげ」、1位「七人の侍」とこんな感じでしたっけ。三船が出演しなくなり、カラーになると急に作品のテンポが悪くなりましたね。細部までこだわるのは良いが、例えば「影武者」のラストの織田勢との決戦で、決闘シーンは撮らずに織田勢にやられるとこを驚愕の沙汰でみている武田勝頼勢を撮影し、鉄砲隊にやられた後の屍だらけの中を影武者だった男が彷徨う?ちょっと違和感ありました。決闘シーンが見たかったのです。

 さてと、写真とか焼いたDVDの整理とかしましょうか。そうそう、この土日は旅に出ます。去年の日本海、酒田→上山温泉旅行に続いてです。今年は長男の企画です。土日キップを目いっぱい使う予定です。

|

« DIY | トップページ | W杯最終予選オーストラリア戦 »

コメント

なんとなく予想はしていたスコアレスドロー。
引分けでも2-2とかなら、評価出来るんですけどね~。
試合後のコメント「勝たせてあげたかった」って・・・そう思ってるなら選手のプレーにリスク負わせるだけじゃなくて、自分もリスクを負う選手交替をしろよって感じです。
岡田監督は強気発言の割には、やってることは本当に守備的。
岡崎投入は遅過ぎるし。
崩しでよかったのは、早いクロスが上がった後半の玉田のヘディングのみ(玉田にあれを決めろというのは酷ですね)
長谷部のボレーが大久保に当たっちゃいましたが、キーパーが反応してたっぽいので、当たらなくても決まっていたかは微妙なところですね(大久保を責めることは出来ません)

記事でありましたが、あてがあるなら正直更迭もありかなぁと思いました。

投稿: kobatake | 2009年2月11日 (水) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またりと休日を過ごす:

« DIY | トップページ | W杯最終予選オーストラリア戦 »