« 開幕戦に向けて | トップページ | 鹿島への道のり »

2009年2月28日 (土)

雑感ゼッロクス杯

 Jリーグの開幕戦が来週となった今日、浦和は大宮と最後のトレーニングマッチを行うが、これは非公開のため、まったりとゼロックス杯を見学しました。

 鹿島とG大阪の1戦となりましたが、チームの現状をまったく表した1戦となりましたね。大型補強が注目されたG大阪でしたが、チョジェジン・レアンドロの注目される2人のFWは怪我でそろってお休み、またSBの加地も怪我のため、清水から移籍してきた高木を加えた3バックでスタート。一方の鹿島は、新しい名前は無いがマルキニョースの相方には興梠が完全にレギュラーをとったようですね。
 立ち上がり、G大阪はGKとDFがかぶってしまいこぼれたボールを興梠に決められる。ペース的にはG大阪が攻めていいるが、そこは鹿島、相手の弱い部分に、急造3バックのサイドのスペースにマルキ・興梠を走らせる。G大阪はそれにまったく対応出来ない。というか、G大阪は攻めるとWBが高い位置を取ってしまい、カウンター食らうと3バックになってしまう。そこをやすやすと鹿島の餌食となる。浦和は5バックにして守りを固めたが、そうすると前後分断のサッカーになってしまう。G大阪にようなサイドが高い位置取りすると、DFはスカスカ、そして入ったばかりの高木との連携もいまいち。
 2失点目もいとの簡単に右サイドを破られマルキに決められる。お笑いだったのは3失点目。簡単に興梠に抜かれて野沢に決められる。全くいいところなし。攻撃も遠藤中心に攻めるが鹿島のDFにきっちりとおさえられる。

 G大阪は後半から4バックに戻すが、攻めの部分でのパスミスも多くいいところは無い。練習試合で勝てていないのは伊達じゃなかった。鹿島は後半44分で大迫登場、時間短すぎ。オリベイラはもう少しサービス精神あってもいいんじゃない。どうでもいいけど。やはり、3バックという戦術は時代遅れなのですかね。それを痛感しましてね。
 やはり鹿島は強い。現有のメンバーにしっかりと戦術が徹底されている。G大阪は、補強したメンバーとの呼吸を合わせる時間もなく、また去年の疲れもあるのでは?前半戦は苦戦必至か?

 ところで、浦和は大宮に2-1で勝った模様、得点は高原、達也。RPによると、担当記者も許されていなくて、スタメン&交代はRPは愚か、公式にも発表されてない。ゲーム終了後の取材は両チームの監督のみ質疑に答えたとあるので、これ以上の情報は出てきていない。練習試合は無敗でシーズン突入ということで。漏れてこないんじゃないかなあ。

|

« 開幕戦に向けて | トップページ | 鹿島への道のり »

コメント

可能なら「どっちも負けろ!」って感じですが、鹿島に調子付かせたくないので、強いて言えばガンバに勝って欲しかった試合でした。
でも、いきなり補強した2人が怪我で出れない状況では仕方ないか・・・。
やはり、鹿島は強い。
なんだかんだで鹿島も世代交代とかで失敗して2002年から2006年は低迷してましたからね。
昨年のレッズみたいな状況を経験したから、今のような強さがあるのかもしれません。

投稿: kobatake | 2009年3月 1日 (日) 12:52

鹿島はしっかりとチームが熟成してきていますね。G大阪も大型補強は必要なかったのでは?後半戦、CWC、天皇杯と攻撃サッカーのかたちはできていたのにね。何も位置からやり直す必要はありかな。

投稿: ホイチョイ | 2009年3月 1日 (日) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑感ゼッロクス杯:

« 開幕戦に向けて | トップページ | 鹿島への道のり »