« またりと休日を過ごす | トップページ | 日進月歩のデジタル家電 »

2009年2月12日 (木)

W杯最終予選オーストラリア戦

 10年の南ア大会出場にあたり大一番となるこの1戦、現在2位につけている日本としては、ホームでは是非とも勝っておきたい1戦でした。中村俊、松井、長谷部、大久保ら海外組も参戦。

----玉田--達也----
--松井-----中村俊--
---長谷部---遠藤---
-長友-闘莉王-中沢-内田-
------都築------

 J開幕前で、闘莉王・達也は故障上がり、コンデション的には微妙な時期での1戦となる。ただし、中村俊・遠藤と2人いるとゲームの落ち着きが出てきますね。オーストラリアは海外組ともいえる布陣で、シーズン途中であり、オーストラリアの方がコンデション的に1日の長があるかと思いましたが、決してそうではなかった。巨漢FWのケネディ、中村の同僚のマクドナルドはベンチ、好調が伝えられたケーヒルの1トップという形でしたが、ケーヒルも全くといっていいほど動きが無い。やはり、シ-ズン中で連戦続きで、しかも長距離の移動でコンデション的にも万全でなく、日本より悪いような気さえしました。
 日本は前半から動きまくり、立ち上がり裏に抜け出した達也のセンターリングに玉田がニアに飛び込んだり、いい形をつかむ。オーストラリアはさすがに日本のプレスは交わしていたが、やはりバイタルエリアの入ると、正確性はなく、というかいい形でシュートに持っていけない。日本の早い動きについていけない印象でした。達也の裏をつく動きが秀逸でした。

 後半に入ると、遠藤ー内田ー遠藤のシュートはGKの正面、さらには長友ー玉田のヘッドと決定機はあったがゴールは奪えず。かたや、オーストラリアにはチャンスらしいチャンスは与えず。長友、内田のちびっこSBの弱点をつかれることもない。ロング・ボールの精度に乏しくこぼれ球も日本に拾われる。まあ、勝っておきたい試合でしたね。バーレーンVSウズベキスタンは、バーレーンが勝ってちょっとややこしくなってきた。

 まあ、でも闘莉王と都築にボロは出ることなく、というかそういう場面がなかった、のはなによりでした。また、達也も無事に浦和に戻ってこれそうで、これで良しとしましょう。

|

« またりと休日を過ごす | トップページ | 日進月歩のデジタル家電 »

コメント

そこでシュートだろ!って叫んだのは私だけでしょうか?
積極的に打ち込んで良かったと思う。キーパーが意表を突かれていないため余裕に見えた。
オーストラリアは悪コンディションながら、ダイレクトパスで上手く日本をかわしていましたね。大したものです。日本もあれくらいの早いパス回ししていけば
勝てたと思いますがね。残念な試合です。

投稿: さいもん | 2009年2月12日 (木) 21:06

コンデションの良くない相手にホームで勝てない。予選通過はするでしょうが、それで精一杯

投稿: ホイチョイ | 2009年2月20日 (金) 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選オーストラリア戦:

« またりと休日を過ごす | トップページ | 日進月歩のデジタル家電 »