« 初売り | トップページ | 金融庁の貸し渋り情報の収集 »

2009年1月 3日 (土)

隣の芝生は青く見える!

 さて、この時期移籍の情報が飛び交い結構、忙しい時期ですが、今年の浦和は音なしというか、移籍してしまう選手の噂の方が多い。やはり、成績急降下して軍資金が少なくなると、これは致し方ないことですか。主力で契約更改したのは闘莉王くらい?

 それに比べると、G大阪はうらやましい。積極的な選手補強をしています。本当に羨ましい。

 G大阪の大型補強、J史上最強軍団へ
 G大阪がJリーグ史上最強軍団に生まれ変わり、日本勢初のACL連覇へ突き進む。天皇杯優勝で同大会の出場権を獲得。アジア連覇となれば、3位に終わった昨年に続いてクラブW杯切符が得られる。悲願の世界一を目指し、真価が問われる1年が始まる。
 攻撃陣は、スピード豊かな神戸FWレアンドロ、身長185センチの韓国代表FWチョ・ジェジン(全北現代)の獲得が決定的。エース格に成長した山崎に加え、2列目を得意とするルーカスがFWで起用される可能性もある。播戸も結果を出し続けなければ、スーパーサブの座すら危ない。
 タイトルはすべて奪いにいく。西野監督は「08年よりもさらにチーム力を上げて、ACL、リーグすべてに臨まないといけない」という。守備面でも補強は進む。日本代表DF高木(清水)、元韓国代表DF朴東赫(蔚山現代)の獲得も決定的。08年は千葉から五輪代表のDF水本を獲得したが、途中で京都へ移籍した。山口と中沢の2人で持ちこたえてきたセンターバックの層が一気に分厚くなる。 新旧日本代表が9人、韓国代表経験者も2人在籍するというビッグクラブになる。

 この不景気に非常に羨ましい話ですね。名古屋、横浜とか車メーカーを親会社としているチームは確実に補填金が少なくなります。G大阪の親会社の電機会社も決算的には厳しいと思うのですが、ハード面だけでなく、コンテンツ面からのソフトとしてサッカーが有効と思っているのか?ならば、野球にでも力を入れてほしいのですが。

 しかし、FWで入るレアンドロ、チェにしても、Jで実績ある選手です。いい補強だと思います。G大阪はバレーが抜けて一時調子を落としましたが、そこからチーム戦術を新党させることによって、調子を上げてきた。チーム戦術が確立したとこへ、Jで実績ある選手の補強ですから、これは手ごわい相手になりますね。

|

« 初売り | トップページ | 金融庁の貸し渋り情報の収集 »

コメント

ガンバはFW枠に2人外人を入れる傾向がありますね。
ルーカスもどっちかというとFWですし、これだと外国人3トップもあるんですかね?
個人的には外国人2トップとか嫌いなんで、あんまり羨ましいとは・・・。
浦和もエジ・エメの時がありましたが「お~!」とは思いましたが、はっきり言って嫌いでした。

浦和に関しては大型補強はいらないんで、とりあえず手薄な右サイドをなんとかしてほしいですね。
あとは直接FKでゴールが狙える選手が欲しいです。
闘莉王の高さを警戒してるところに直接狙ったら、かなり得点シーンが増えると思うんですけどね~。

投稿: kobatake | 2009年1月 4日 (日) 19:37

レアンドロはKリーグ出身ですよね。G大阪はJリーグは難しくなったから、Kリーグより強奪を仕掛ける?強奪癖は無くならないですね。

投稿: ホイチョイ | 2009年1月10日 (土) 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣の芝生は青く見える!:

« 初売り | トップページ | 金融庁の貸し渋り情報の収集 »