« 来期に向けて | トップページ | オフ・シーズン »

2008年12月13日 (土)

シーズンオフの話題

 シーズンオフになり、今日はCWCのパチューカvsアルアハリ戦、入替戦とありまして、見るとはなしに見ていました。感想は、パチューカは2点の劣勢から、自分たちのパスサッカーをして勝った。しかし、運動量は豊富で攻めの人数が次から次へという感じでしたね。入替戦については、仙台遠征がなくなり残念ということですか。

 浦和の来シーズンのフォーメンションの話題も出ていましたね。なんでも、セルが攻撃の軸で、1-4-1-4のバルセロナ型のフォーメンションを敷くという噂も。これはこれで面白いかも。スペイン代表もこのフォーメーションでしたね。うちのユースもこのフォーメーション。鍵となるのは、中盤のアンカー役ですね、スペインではセナがこの役をこなしていました。要はオーケストラでいうコンダクターですね。アンカーの出来が戦況に大いに響く。
 さて、浦和は誰なのでしょうか。去年までなら文句なしに啓太だったでしょう。しかし、今期の啓太は絶不調で、現在の出来ではまず無理。闘莉王という選択肢もあるが、攻めに行った時の推進力、守りにはいいたときのリベロといいが、やはり運動量が少ないのが厳しい。となると、やはり阿部しかいないですね。浦和に移籍してから、本職のボランチ以外のポジションを任されていたが、このポジションは阿部にふさわしいポジションです。

 でも、その阿部が欧州移籍?浦和に来たのは、欧州移籍のステップとしてやってきた。本職のポジション以外でも、文句を言わずにこなしてACL制覇という結果も残しました。報知の最近のネガティブ・キャンペーンには閉口するが、「献身の功労者に対し、監督人事で迷走して名門凋落(ちょうらく)を招いた首脳に無理やり引き留める資格はない。」報知さん、これはないんでない?

また、来期のシーチケにICカードの採用するらしい。ICカードを採用するということは、紙チケットがなくなり、半券の収集者は困る?私もそうです。98年から、MDCが採用されて以来ひそかに半券とMDCを集めていました。埼スタの入場にはそんなに時間かかるわけでないので、ICカードを採用する必要はないと思うが、いやQRコード認証式の紙チケットの選択もできるのであれば問題ないということですね。来週からシーチケの案内くるそうですがどうなることやら。

|

« 来期に向けて | トップページ | オフ・シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーズンオフの話題:

« 来期に向けて | トップページ | オフ・シーズン »