« CWC 3位決定戦 | トップページ | Jリーグ・アウオーズ »

2008年12月22日 (月)

CWC決勝戦

 CWCの決勝戦は欧州王者のマンチェスターUが南米王者のリガ・デ・キトを1−0で破り、初のクラブ世界一に輝いた。内容的にはマンチェスターUの一人相撲という感じでした。
 前半は、軽やかなパス回りとC・ロナルドの個人技でまさに贅をつくした攻撃で、いつでも先制点を上げてもおかしくない戦いでした。C・ロナルド、ルーニー、キャリック、朴智星と芸達者が多い中、目を引いたのが右SBのラファエル、18才のブラジル人でした。運動量豊富で朴智星の大外を物凄い勢いで追い越して行くのが目につきました。4バックのSBにはあれくらいの運動量が求められますね。
 しかし、リガ・デ・キトもさすがに南米王者、間一髪のところで失点を防ぐ。前半のボールの支配率は7:3でマンチェスターUでしたが、リガ・デ・キトもマンソを中心に鋭いカウンターを仕掛けて来た。
 後半に入ると、マンチェスターUのヒディッチが審判の目の前で、相手にヒジ鉄を食らわしてしまい愚かにも一発退場。このプレーが今日の試合のアヤでしたね。マンチェスターUは、テベスを下げCBを入れたため、C・ロナルドの1トップでルーニーは一列下がり、守備のタスクも負わされ華やかな攻撃は見れなくなったのは残念でした。しかし、集中力は増して、内容はしょっぱくてもいいが勝ちに行くモードに突入してしまいました。
 マンチェスターUが一人少なくなり、ボールの支配率はイーブンになる。マンチェスターUは粘り強く守り、蜂の一刺で芸達者な役者に仕事を託す展開になる。その展開の中、C・ロナルドからルーニーできっちりと決めて来るのはさすがでした。リガ・デ・キトも相手が一人少なくなり、ひょっとしたら勝てるかもと心の隙がでてしまい、攻撃が雑になってしまいましたのは残念でした。
 CWCは、来年・再来年とUAEで開催される事になる。日本に帰って来るのは11年からだ。

|

« CWC 3位決定戦 | トップページ | Jリーグ・アウオーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CWC決勝戦:

« CWC 3位決定戦 | トップページ | Jリーグ・アウオーズ »