« 景気悪化 | トップページ | スカパー!のサッカーセットが変わるらしい »

2008年12月19日 (金)

CWC 準決勝

 CWCの準決勝、マンチェスターUvsG大阪の一戦が行われ、マンチェスターUが実力を見せつけ、5−3で圧勝した。
 実力差は承知の上で、攻めのスタイルを貫き、マンチェスターUから3点を奪ったG大阪は立派でしたが、空気を読んだ試合展開で、強さを見せつけたマンチェスターU、まかに底知れぬ強さだった。大量5点を奪ったが、それでも本気を出した時間帯がどれだけあったか?前半は、時差ぼけのような試合展開ながら、セットプレーからきっちりと2点を上げると、あとは安全運転に入ってしまった。
 そんなマンチェスターUが少しムキになったのが、1点差になってから。テベスに代わりルーニーが入ると、急にギアがトップに入った。縦パス1本、サイド突破、中央でのダイレクトパスと、バリエーション豊かな攻めで5分足らずに3ゴールを叩きこんだ。2ゴールを決めたルーニーは、「チームとしてベストな90分だった」と点を取ろうと思えばいつでも取れた、という感じでした。
 5−1となってからは、完全に空気を読んだ展開となった。レフリーも絶妙な裁きで遠藤のコロコロPKを演出してくれたし、ファンデルサールも届いたようだが、ギリギリ決められてしまったというようなセービンクを見せてくれた。役者というか、実力差を見せつけながら、相手の良いところを引き出す、ということか。
 ゴールラッシュに観客はわいたが、G大阪はマンチェスターUの完全に引き立て役で、勝つ可能性は0だった。実力差を見せつけながら、自分たちのサッカーを貫き3点を奪ったのは立派でした。
 しかし、先週末に試合があり、直前に来日しコンディションも整っていないし、中盤でのプレスもゆるゆるで、本気になった時間帯はルーニーが出てからの5分間だけで、やはり世界との実力差を見せつけられました。ACLチャンピオンとはいえ、やはりこの大会ではお客様なのですね!

|

« 景気悪化 | トップページ | スカパー!のサッカーセットが変わるらしい »

コメント

現時点でのガンバとレッズとの差は大きいと感じた一戦でした。
得点がいっぱい入ってサッカーの試合としては面白かったのかもしれませんが、マンUのフルタイム本気モードを期待していたのでちょっと期待外れでした。
ルーニーはスタメンじゃなかったし右SBにネヴィルを使ったり、はっきり言って油断し過ぎ!
ガンバの得点も3点目は完璧な得点でしたけど、1点目はマンUディフェンス陣の完全な油断、2点目のハンドは交通事故みたいもんです。
試合前の自分のスコア予想は3-0(希望は5-0)でしたが、あの油断で前半は本気になった時間帯がなかったにも関わらず5得点はさすがマンUですね。
最初から最後までチェルシー戦モードだったら、10-0ぐらいになってたかもしれません。
まあ3-0ぐらいにならば、普通はどのチームも一時的にスイッチを切ってくるだろうからあり得ないと思いますが(^^;)

投稿: kobatake | 2008年12月19日 (金) 09:49

G大阪が3点取ったのは評価しますが、半ば花試合とかしたあとですから、ちと騒ぎすぎなのでは?まあ、3位決定戦ではっきりするでしょうが。

投稿: ホイチョイ | 2008年12月20日 (土) 18:46

日テレですから!

投稿: さいもん | 2008年12月20日 (土) 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CWC 準決勝:

« 景気悪化 | トップページ | スカパー!のサッカーセットが変わるらしい »