« 今シーズンの振り返り④ | トップページ | シーズンオフの話題 »

2008年12月12日 (金)

来期に向けて

グダグダと今シーズンを振り返ってきたが、最後に来シーズンへの展望を語りたいと思います。
来期に対しては不安という言葉しか見当たりません。ゲルトを続投させてしまったつけが一気に吹き出さなければと思います。規律・モチベーションは地に落ちてしまいました。まずはメンタル面での立て直しと、選手をバックアップするフロントの強化が必要です。
社長は留任するようだが、強化部長はラインを外れ、信藤さんがTDに就任し、もう積極的に動いている。闘莉王・永井・坪井らと契約更改の場に望んだ。今期のチームに対して何のオブリゲーションの無い信藤TDとしては嫌な役割かもしれない。しかし選手の年俸について言えば、プロなのだから結果が全て。我々リーマンだって年俸制になってきている。ただ永井のように起用法で不遇をかこった選手への対応にこそ、信藤TDの腕の見せ所だと思う。永井はまだまだ浦和に必要な選手だ。
今期というか、前期から感じるこの閉塞感はエンターテイメント性に乏しい走らない省エネ・サッカーだったと思います。結局、首脳陣と選手の権利闘争の結果だったで、選手の意見が通ってしまったことだと思います。結果が出ているんだから、何もやり方を変える必要無いは無いという選手の意見が通ってしまったことだと思います。それでもオジェックは選手にペナルティを課したりしていましたが、ゲルトに代わるとそれも無し。ますます一部の選手の主張が目立つようになりました。
来期の一番の心配ネタはフィンケと闘莉王の関係です。今期の闘莉王の活躍は、本職のDF以外にもボランチ・トップ下・FWをこなし、チーム最多の11得点を上げました。しかし闘莉王にはDFとして最後尾でどっしりと構えていて欲しいのです。どうか、この2人が良い関係を構築するように願わすにはいられません。
浦和の来期のスタートは1月12日のようです。開幕までには2ヶ月あります。しかし、一からスタートの浦和にとって2ヶ月なんてあっという間だと思います。この2ヶ月が来期の浦和を決めると言っても過言ではないと思います。

|

« 今シーズンの振り返り④ | トップページ | シーズンオフの話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来期に向けて:

« 今シーズンの振り返り④ | トップページ | シーズンオフの話題 »