« 秋春制移行について② | トップページ | カタール戦を終えて »

2008年11月20日 (木)

W杯アジア最終予選カタール戦(11/19@ドーハ)

W杯予選突破には重要な意味を持つ、アウェイのカタール戦。
スタメンは、
FWー玉田
OMFー大久保・達也・中村
ボランチー遠藤・長谷部
DFー長友・寺田・闘莉王・内田
GKー川口
 前半立ち上がりと、得点シーンしか見ていないので、めったな事は言えませんが、カタールの要注意はウルグアイから帰化したセバスチャンでしょう。でもDFとボランチで上手く挟み込んでいる。セットプレーで、相手の4番と遠藤がミスマッチで、危ないタイミングでヘッドを2度ほどうたれる。カタールは、DFとボランチの間にスペース出来るのと、DFの反応がイマイチ。日本の先制点は、その隙をつく。後方からのボールは玉田?を飛び越える。そのスペースに達也が飛び込んでくる。カタールDFは一瞬ボールウォチャーになり反応遅れる。達也は角度のないところから、右足を振り抜くとボールはGKの股間を抜けてゴールイン。
 後半立ち上がり、長谷部から左サイドに振ると、何故かPAちょっと外の玉田はフリーで、カタールのDFは反応遅く、玉田が左足をふりぬくとGKの頭上をぶっこぬく。1点、2点目とも、GKのミス?あれをゴールされるのはいかがなものか。3点目は中村のショートコーナーからのクロスを闘莉王がヘッドで突き刺す。これとてGKはボールに先に触っていない?後は無難に守りきり、3−0の完勝。中東のアウェイ2試合で、いずれも3得点上げたのは評価出来る。
オ ーストラリアは、バーレーンに勝ちA組は、日本・オーストラリアが抜け出しました。次回は日本vSオーストラリア、バーレーンvsウズベキスタン。バーレーンとウズベキスタンは現在勝ち点1で、この両チームの対決が引き分けに終われば、日本・オーストラリアが勝ち抜けに近づく。下位3チームは、日本・オーストラリアはウズベキスタンが日本と引き分けただけで、残りは全敗。夜ゆっくりとビデオを見ます。

|

« 秋春制移行について② | トップページ | カタール戦を終えて »

コメント

1点目のボールが飛び越えていたのは、確か長谷部だったと思います(ボールを奪って、一気にゴール前まで上がっていたような)
カタールは若さが出たって感じですね。
終盤はプレーが荒くなって、イエロー出まくりで4番は次の死愛は出場停止になってましたね。
こういうチームは最終的には自滅するような予感がします。
オイルマネーでハングリーとは全く縁がなさそうだし。
かなり資金をつぎ込んでいるようですが、金で他国籍の選手を代表に勧誘したりと使い道を間違えてるようながします。

投稿: kobatake | 2008年11月20日 (木) 12:44

カタールは最初に調子に乗せると怖いが、はじめに叩けば今日のような結果になる。予選突破がみえましたね。

投稿: ホイチョイ | 2008年11月22日 (土) 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選カタール戦(11/19@ドーハ):

« 秋春制移行について② | トップページ | カタール戦を終えて »