« 追加経済対策 | トップページ | 明日は天皇杯 »

2008年11月 1日 (土)

「おくりびと」をみてきた

 行こう行こうと思っていた「おくりびと」をようやく観てきました。前評判通りに、かなりいい作品でしたね。

 人はおくりおくられ旅立ってゆく 。
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。
 納棺師とはなんと素敵な仕事だろう。主演の本木雅弘と山崎努のスムーズな手の動きに思わず見とれてしまう。それは美しく厳かな旅立ちの儀式にふさわしい所作なのだ。この職業への蔑視感から、人に言えない仕事というのも出てくるが、職業に貴賎はない。いかに、自分の仕事に誇りを持てるかということだ。ユーモアを交えつつ感動を生む人間ドラマが得意な滝田洋二郎監督がメガホンをとり、放送作家・小山薫堂が初めての映画脚本を手がけている。誰もがいつかは迎える死と、その日が来るまで笑って泣いて生きる人々の姿を、夢や仕事への誇り、あるいは親子、夫婦の絆を浮かび上がらせて描いた本作は誰の心にも深く残るに違いない。

 もっくんは良かったし、広末も何気に良かった。もっくんの親友の風呂屋に毎日通う笹野高文も渋かったし、何といってももっくんの父親役で、遺体でしか出てこない峰岸徹。彼の遺作だったのですよね。そういうこと考え合わせるとグットくるものがありますね。もっくんが、峰岸の遺体の硬直した手から、おくり石を取り出すシーン。あれは、まぎれもなく息子から親父へのおくり石だったのですね。 湿っぽい映画はあまり好きではないのですが、こういう映画もたまにはいいですね。

|

« 追加経済対策 | トップページ | 明日は天皇杯 »

コメント

私はミハーで「容疑者Xの献身」を見てきました。いつものガリレオ先生?と思いたくなる映画でした。ガリレオファンは絶対に見ていただきたいですね。我が家では今ガリレオフィーバーで、テレビの選定基準も
CM福山=ガリレオ先生=性能が良い
という非科学的根拠から、レグザとなり、これが購入の動機になってしまったようです。ありえないかもしれませんが、実に面白い!

投稿: さいもん | 2008年11月 2日 (日) 11:59

「容疑者Xの献身」は原作を読んだ。非常に良くできたミステリーだと思いました。だけと、福山=ガリレオの図式が良くわからん。でも、私もちかちかじかみに行きます。

投稿: ホイチョイ | 2008年11月 2日 (日) 19:21

ガリレオ役の福山はハマり役だと私は思ってまして!正直男の私が福山にハマってます。東野さんの小説また出ているみたいで、読んでみたいと思います。

投稿: さいもん | 2008年11月 2日 (日) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」をみてきた:

« 追加経済対策 | トップページ | 明日は天皇杯 »