« 明日は天皇杯 | トップページ | 天皇杯④愛媛戦@駒場 »

2008年11月 3日 (月)

速報愛媛戦

 今日は、BS無し、テレ玉無し、しかもスカパー!も無しと言うことで駒場に観戦に来ました。速報も前半後半で送ります。
さて、愛媛のマスコットのミカンぼ。女の子はかわいいのですが、男の子は怖い。

File0004 File0005_2
スタメンは
FWーエジミウソン・達也
MFーポンテ・山田・平川・啓太・細貝
DFー堀之内・闘莉王・坪井
GKー都築
 サブは堤・阿部・梅崎・セル・相馬・高原。阿部・高原は休憩でサブから、啓太・細貝のボランチぼ出来が鍵か。檄文の段幕のみ、いつもの駒場の雰囲気とは違います。久々の駒場のバックロア、都築の出てくる頃にはほぼ満席。ピッチにはこんなに近いんだ。愛媛は、三上スタメン、千島・カニはサブ。
 前半、浦和は達也の運動量に合わせ攻める。達也の裏を取る動きが効果的。ボンテ・闘莉王のPA内シュート。平川・細貝のミドルも効果的。試合は浦和のペースだか、愛媛は22番から8番への攻めが怖い。
 浦和のDFは安定しているが、カウンターには要注意。細貝は、積極的に攻め上がるが、啓太のプレーは相変わらず低調。余りに大事にプレーしようとする余りにボールをロストするシーンが多い。チームとしては最悪期は過ごしたか。後はいかに得点を取るかだ。

 ペースは浦和だが、最後のところで点が取れない状況が続く。サイドから攻めるるが、ゴール前を固める愛媛DF人に手を焼く。しまいは足が止まり出す。達也→セルの交代は疑問。裏を取る選手いなくなる。不調の啓太に代わり阿部。ボンテの出来もいまいち。一度ゴール前で途中出場のカニをフリーにするが、オフサイドで事なきを得る。スコアレスのまま、延長戦へ。

 延長戦に入ると、セルの左からの攻めが効果的。セルの攻めから得たCKのこぼれ球がゴーマ前でごちゃごちゃになりを、愛媛のボールをキープしていたDFが闘莉王が、DFをかわしたところを引き倒してPK。ボンテがきっちり決めて得点上げる。
 愛媛は完全に足が止まっており、浦和の優位は動かないと思ったところ、今日の浦和で一番マシな動きをしていた細貝が、愚かにも報復プレーで一発レッド。
 浦和は、闘莉王をボランチに上げての4バックで凌ぐ。闘莉王の圧力に押されてか、愛媛は足が止まっており、有効な攻めが出来ない。終了間際に、CKからクロスバー直撃のミドルを見舞われるが事なきを得る。カニも途中出場だが、見所無し。非常にしょっぱい内容の勝利だった。しかし、最後の挨拶で東のクルヴァとまた揉めてしまった闘莉王も闘莉王だが、東クルヴァをスルーしようとした浦和の選手は何?

 

 

|

« 明日は天皇杯 | トップページ | 天皇杯④愛媛戦@駒場 »

コメント

また、闘莉王がサポと言い合いになったみたいですね。
ちなみにエジはどうだったんでしょう?
いい加減、永井と達也の2トップが見たい。

投稿: kobatake | 2008年11月 4日 (火) 00:48

闘莉王は勝っても負けてのブーイングするサポにきれた。でも、サポとの話し合いはフロントがすべきで、闘莉王は全面に出る必要はない。フロントの怠慢が明らかになった瞬間です。

投稿: ホイチョイ | 2008年11月 9日 (日) 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報愛媛戦:

« 明日は天皇杯 | トップページ | 天皇杯④愛媛戦@駒場 »