« 札幌ドーム到着 | トップページ | 帰還しました »

2008年11月 8日 (土)

速報札幌戦

 残り4試合で、リーグ戦を向かえつつ、チーム状態は混沌としており、消失の危険さえはらんでいる危険な状態です。こういう状態に陥っているにも関わらす、トップからメッセージが伝わって来ないのはいかがなものか?
 しかし、待機している寒さこれぞ究極のアウェイの洗礼だ。下が冷たく座れないのも辛い。今日は折りたたみ椅子が必要。
スタメンは、
FWーエジミウソン・達也
MFーポンテ・相馬・平川・啓太・セル
DFー阿部・闘莉王・坪井
GKー都築
サブは堤・山田・梅崎・堀之内・永井・高原。ついに、ゲルトもフォーメーションをいじってきました。
前半、闘莉王をボランチに上げての4バック。セルの好調さ、細貝不在を考えれば、チェンジを感じさせる布陣だが、コンビの練習したことあるの。阿部、坪井が引き出された時の対応に難点あり。
失点は縦ポンでダビィに抜け出され、あっさりやられる。札幌はダビィ、アンデルソンへのロングバス頼み。
浦和はセルの裏を取る動きがきいている。ポンテのシュートがポストに当たった跳ね返りを達也が決めて同点。その後も前4人の動きで惜しい場面を演出する。
ただし、守りが甘い。サイドを取られたとき、逆サイドがフリーになりすぎ、一夜漬けの4バックは否めない。
後半、相変わらずの出来だが、達也・エジ・セルが裏を取る動きにボールが会うようになる。前半、余り目立たなかった相馬も積極的に仕掛けるようになる。ポンテ闘莉王から、DFとGKの間に出た浮き球を、エジがGKの鼻先で突っついてて決勝点を上げる。
その後、攻めは勢いづくが、最後のとこで得点にならず。エジが完全にDFの裏にで出るが決め切れず。札幌は外国人を抑えておけば問題無し。お互いにお寒い内容になってしまう。
闘莉王のボランチは、相変わらず動きが少ないのは致命的。しかし、今日の札幌のように攻め圧力なければ、相応に機能するか。攻撃力があるチームにサイドから攻められると、逆サイドは炎上必至だ。無様な内容は相変わらず。ただ、セルを入れてフォーメーションを変えてきたのはは良しとするか。しかし、勝ち点3をしぶとく勝ち取る。上位チーム敗れたため、暫定2位になぜか浮上。

|

« 札幌ドーム到着 | トップページ | 帰還しました »

コメント

セルがいい感じですね!達也・高原・セルだったらもっと展開が変わっていたような気がします。エジの動きは???ですね。団子状態になりましたが、とにかく勝たないとそこでおわりなので、ふんばってもらいたい!

投稿: さいもん | 2008年11月 8日 (土) 18:12

システムはいいんだけど、相変わらず適材適所が出来てない。
ゲルトのFWの組み合わせにはエジ絡みの組み合わせしか無いのでしょうか?
今日も達也とかぶることが多かった。
勝ち越しゴールは完全に相手DFのミスで、エジじゃなければ、取れなかったゴールではない。
本当にセルはよかった。

川崎と名古屋がこうもあっさりこけてくれるとは思いませんでした。
でも、皮肉なことに鹿島の試合は日曜開催。
この2チームの敗戦は鹿島にとって、精神的余裕を与えてしまったような気がします。
でも、残留争いも混戦になってきたので、鍵を握るのは上位対決ではなく、下位チームとの対戦かも。

投稿: kobatake | 2008年11月 9日 (日) 05:03

ポストがうまいとは思えないエジが1トップでは厳しいかもしれない、SHとSBのコンビもいまいちというか、SHが仕掛けておしまいという感じ。でも、将来性は感じた。闘莉王ボランチは、引いてくる相手には有効かもしれないが、攻撃力のあるチームにはバカスカにされる?

投稿: ホイチョイ | 2008年11月 9日 (日) 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報札幌戦:

« 札幌ドーム到着 | トップページ | 帰還しました »