« 帰還しました | トップページ | 札幌に行って来た!① »

2008年11月 9日 (日)

第31節 札幌戦(11/8@札幌ドーム)

 遅ればせながら、フロントからも今シーズンの現体制の継続とゲルトへの全面支援が発表されました。いかにも、遅いという印象です。ACLの連覇が当面の目標なら、この目標がついえた時点でもって何らかの発表があってしかるべき。オジェックーゲルト体制は、リスクマネジメントの観点からすれば、オジェックに万が一のことがおれば、ゲルトという選択肢が問題なく取とれた。しかし、ゲルトの代わりいない現状では、シーズンの終盤でチーム事情も良く分からない監督を迎えるにはリスクがありすぎ。かといって、経験の乏しい大将をいきなり監督に起用するにもリスクありすぎ。ということで、ゲルトの続投は現実的な選択肢であることは理解できます。
 しかし、フロントはその辺の事情をサポにはまったく説明しませんでしたね。アカンウタビィティー、説明責任はトップに求められる重要な資質であると思います。選手にさえ、その辺の事情を説明してない節が感じられた。だから、闘莉王が直接サポとぶつかり合うという事態になってしまった。7日にオフィシャルで発表されたサポ向けのメッセージは余りにも遅すぎた。ひょっとしたら、犬飼さんに言われて発表したのでは?勘ぐってしまうくらいのタイミングです。
 そういう状況の中、ようやくゲルトも選手起用方法についても変更をしてきましたね。というか、現在の浦和の中で最もまともだった細貝が出場停止ということで、止む無く変更したとも言えますが┐(´-`)┌。

File0155File0173 ポイントは誰をボランチに持ってくるかいうことでした。啓太・阿部で堀之内をDFに入れてくる布陣かと思いましたが、なんとゲルトは愛媛戦の延長で取った阿部を下げ、闘莉王ボランチという起用でした。闘莉王の運動量の少なさを前への攻めの圧力で補なえるかということ。愛媛戦では、1人少ない中、愛媛は闘莉王の前への圧力に屈して、なかなか攻めが出来ないという事になってしまいました。それはそれで、愛媛戦では効果はありました。

File0178 スタメンは
-----エジ-----
達也---ポンテ--セル
---啓太--闘莉王--
相馬-阿部--坪井-平川
-----都築-----
サブは、堤・堀之内・梅崎・山田・高原・永井。

 エジ1トップの左SH達也、右SHにセルが起用された。ゲルトの取った攻撃的な布陣ですが、どこまで、このフォーメンションで練習しているのか、コンビはどうなのかといことなのですが、予想していたとはいえ、やはりぶっつけ本番という印象は否めませんでした。達也+相馬、セル+平川のコンビでいかにサイドで数的優位を作り、相手を崩していくかということですが、達也・セルともボールを持って前を向けば、ドリブルを仕掛けるのが特徴ですから、どうしてもコンビ的なもの、戦術的な崩しを期待するのは無理なのでしょうね。
 また、1-3-2-4のフォーメンションは1トップがいかにボールをキープし、そこへ2列目が絡むかだと思いますが、どうもポストプレーが得意とは言い難いエジが有効に機能するかです。しかし、札幌はゴール前を固めて、攻めは外人任せといういかにも守備重視の戦法ですから、そんな能書きは関係なくいかに攻めに人数を掛けられるかが、今日のポイントですから、攻めに人数を割くというゲルトの意図は理解出来ました。。
 立ち上がりから、セル・達也は積極的にドリブルで持ってDFに突っ掛けて、今日のゲルトの意図を十分に理解できるのものでした。それはそれで浦和の攻めも、機能しているかなという感じでしたが、札幌はクライトンからの縦パス一本で、ダビィに簡単に坪井が振り切られ、あっけなく失点。何を考えているのか、一番ケアしなければならない失点でしたね。その後、札幌は引いているのだが当たりが甘く、浦和に裏を取られたりで浦和の猛攻を受ける。攻めはカウンター頼みで、1度左サイドを突破され逆サイドにフリーの西谷にシュートを打たれた場面があったくらい。しかし、阿部、坪井が引き出された時の、逆サイドの選手への対応で、本来ならボランチが対応するのでしょうが、両SHが対応せざるをえないというのは問題です。
 そんな猛攻を受けている中で、札幌の守備は相変わらずで、1度はDFが跳ね返したボールをポンテに拾われ、ポンテのミドルがポストに当たった跳ね返りを達也が決めて同点に。また、セルは、フィジカルの強さをみせてくれ、競り合いの場面ではセルが競り勝つケースが大半でした。

File0177 File0186

 後半に入っても、相変わらずの浦和のペースで、闘莉王からの浮き玉を、札幌のDFとGKの連携ミスで、エジにつつかれ、浦和が勝ち越し。その後、浦和は一気呵成に攻め、大量点の予感もあったのですが、エジがDFの裏に抜け出てフリーになったがシュートをはずしたころから、攻めは失速。グタグタの展開となってしまう。
 相変わらず、いまいち調子の上がらないポンテ、簡単に相手にボールを奪われすぎでプレーに精彩を欠いており、交代はまずポンテ→山田で、これは守備固めですね。また、守備にも追われたセル・達也の両SHもお疲れ気味で、達也→永井と選手交代する。札幌のパワープレイ的な攻めに最後は闘莉王がDFラインに入り最終的には5バックで、札幌の攻撃を危なげなくかわす。ロスタイムに、セル→堤でやすやすと逃げ切り。
 札幌の弾幕も、浦和と同じようなチーム状態を表していますね。しかし、選手の覇気はまるで感じられませんでしたね。終盤に、スローインからPAでフリーになってシュートを放ちGKが防いだ場面が象徴的でしたね。うちの選手もそこまで落ちぶれてはいない。早々とJ2落ちが決定してしまい、選手のモチベーションもかなり落ちていると思うが、浦和戦のように観客が集まる試合でやる気をみせないでどうなる。サポは離れていくのは当然。こんな状況だと、次にJ1に上がってくるのはいつのことやらという事になってしまいいます。ですから、最終戦のホームでは是非とも、今シーズンの意地をすべてぶつけて下さい。(最終戦の相手は、どこのチームか良くわかりませんが)

File0190 File0194

 内容的には、まだまだという状態ですが、4バックを試してことは一歩前進と前向きに考えましょう。攻めにリスクを割かなければ勝利は難しい。浦和の置かれて現状を考えれば、攻めだるまにならんといけないですね。今まで闘莉王のボランチに否定的な私でしたが、愛媛。札幌戦のように、闘莉王の動きの少なさを、闘莉王の攻撃力でもってカバー出来るのであればそれもまた良し。今まで浦和が試してきた4バックは守備ありきの擬似4バックだと思いました。今日は両SBに相馬・平川と置いたので擬似ではなくなりました。出来る事なら、阿部・闘莉王のCBの4バックを採用してくれ。えっ!中澤負傷で代表戦では本当にそうなるかもしれないですね。また、セルのドリブルとフィジカルの強さ。若手の成長が実感出来たことを良しとしましょう。鹿島・大分も引き分け。次節は両チームの直接対決。これは、ひょっとすると面白い展開かも。

|

« 帰還しました | トップページ | 札幌に行って来た!① »

コメント

札幌戦の1トップのシステムでいくなら、トップはエジより高原の方がいいような気がしますね。
ボランチは細貝、阿部でディフェンスの真ん中は闘莉王、坪井で。
右サイドバックも前への突破やクロスの精度を考えるとまだ山田の方がいいかも。
達也とセルのバックアップには、梅崎と永井を。

今節は波乱が多くて順位が上のチームが勝ったのは、浦和と神戸くらい。
そのため、数字的にはFC東京にも望みが出てきた(FC東京のACL出場なんて想像も出来ませんが^^;))
鹿島や大分まで引き分けて、結果的には浦和の理想的な一人勝ちの形になりました。
柏、大宮、新潟、千葉の頑張りは本当に残留争いへの執念を見たような気がします。
残り3節ですが鹿島は札幌戦を残しており、実質は残り2節といってもいいでしょう。
新潟が引き分けてくれたおかげで、鹿島と大分の試合は大分が引き分けに持ち込むことが出来れば上出来です。
勿論、浦和が残りは全勝するという最低条件は変わりませんが。

投稿: kobatake | 2008年11月10日 (月) 10:36

対戦相手からすると大分は鹿島に勝てば可能性あり。でも、鹿島が有利か。浦和は全部勝つつもりでやるしかない。

投稿: ホイチョイ | 2008年11月10日 (月) 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第31節 札幌戦(11/8@札幌ドーム):

« 帰還しました | トップページ | 札幌に行って来た!① »