« 第26節京都戦(10/1 @駒場) | トップページ | 帰ってこいよ! »

2008年10月 3日 (金)

さらば駒場!

File0002 駒場での京都戦は、引き分けという残念な結果になってしまった。また、駒場のピッチ、芝の具合が相当に酷い状態にある事が分かりました。
芝はまだら模様で、芝が満足に生えていない所もあり、デコボコ状態であの状態で試合をするのは選手も気の毒です。都築はゴールキックの際に再三足を滑らしていました。都築が試合終了後に怒っていたのは駒場のピッチ状態に対して?
File0004 入場者数も、死にチケットは3000枚ほど発生している見込みで、チケットが欲しい人へチケットが行き渡らす需要と供給のバランスが崩れている。この間のナクスタの大宮の運営を非難出来ませんね。埼スタよりも入場者数は三万は違う。埼スタが満員になれば四万は違う。
File0010   関係者からは埼スタへ全面移転の話も出ているが、クラブ側は来年以降も数試合の駒場開催を行うことは、先日クラブから送られてきたシーチケのご案内でも分かる通りです。ただ、埼スタ全面移転は時代の流れで、どうすることも出来ない。Jリーグ発足で、J規定を満たす為に大改装を行った浦和市にも、もう義理は果たしたろう。
File0018   聖地駒場、浦和の酸いも甘いも全部詰め込んだ、いや酸いの方を圧倒的に詰め込んだスタジアムですが、そろそろ歴史的役目の終わりの時かもしれません。皆さんは駒場にどんな思い出がありますか?
File0027   J2に降格した試合、J1に復帰した土橋Vゴールの試合、J2降格争いで福田が決めたジェフ戦、エメタツが爆発してナビ決勝進出を決めた清水戦、でも、J1復帰で駒場初勝利を上げた福岡戦、ゴールを決めたツゥットがエンブレムを叩き何度もキスしていた姿は忘れられない。そうだ、MDCの第1号の岡野を雨にうたれて、ふにやになったので捨ててしまったのは返す返すも悔いが残る。

File0005 File0007_2   マナー違反かもしれません。しかし、これが俺のシートだという証拠を残しておきたかった。このシートで11シーズンにわたり、浦和とお付き合いさせていただきました。このシートに初めて座った時の熱気は今でも昨日のことのように覚えている。その熱気に圧倒されながら、なんとかその雰囲気の溶け込もうとしていた。しかし、特別の努力は必要なかった。浦和を愛する気持ちがあれば関係なかった。J2の最終戦に、「おい!2万人・・・・・」とコールリーダーに言われ、声のあらん限りを振り絞ったウォーリアー。あの熱気、そして殺伐感は今の駒場にはない。そりゃそうだ、あれから9シーズン経っているわけだ。10年ひと昔、やはり私の周りも高齢化の波が押し寄せてきている。ただ、やはり浦和が強くなったこととも無関係ではない。今の浦和なら、俺が特に応援しなくても勝てるもん。応援せずにはいわれなっかた弱さとはおさらばしたわけだ。歴史的役割の終焉ですね。

|

« 第26節京都戦(10/1 @駒場) | トップページ | 帰ってこいよ! »

コメント

確かに嫌な方の思い出の方が多いですね。
1つは駒場改修後のこけら落としの試合。
相手は清水だったと思います。
福田のゴールで早々に先制したものの、終わってみれば1-2の逆転負け。
確か、決勝ゴールはミランから鳴り物入り来たけど、始まってみればリネカー並にダメダメだったマッサーロだった思います。

これは駒場だったか確かじゃないんですが、ルルがハットトリックを決めながらも負けた試合(水色ユニだったような)
当時清水にいたジャウミーニャにVゴールを決められて、負けたんですよね~。
3-0で勝ってて、最終スコアは4-5だったかなぁ。

投稿: kobatake | 2008年10月 3日 (金) 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば駒場!:

« 第26節京都戦(10/1 @駒場) | トップページ | 帰ってこいよ! »