« ALL COME TOGETHER! | トップページ | ACL準決勝G大阪(10/ 22@ 埼スタ) »

2008年10月22日 (水)

速報ACL準決勝G大阪戦

 決戦の時が来ました。今シーズンの試合で一番勝って欲しい試合です。
スタメン
FWーエジミウソン・高原
MFーポンテ・山田・平川・阿部・堤
DFー堀之内・闘莉王・坪井
GKー山岸
サブは啓太・梅崎・セル・岡野・達也。不振の啓太は外れ山田・阿部のボランチ。左サイドは堤起用。
 前半、ようやく、しりに火がついたか、浦和は何時にない動きでG大阪を圧倒。山田・阿部のボランチの動きが効いていた。高原・エジミウソンの前からのプレスでG大阪に得意のパスサッカーをさせない。
 山田の左足のミドル、高原の切り返しからのシュート、CKから闘莉王の折り返しを堀之内のベッドと惜しい場面が続く。流れが浦和のうちに得点が欲しいところ。カウンターからG大阪のクリアボールが高原の足元に。高原は冷静にシュートを決める。頑張ってボールをおった高原のご褒美のような得点だった。
 カウンターから、ポンテからエジミウソン、高原のクロスバーを叩いたシュートと、浦和のペース。動きで上回った分、プレーの連動性あり。
 後半に入ると、流れは悪く無いとは思ったが、さすがにG大阪、決めるべきところは、きっちり決める。CKから2点、さらにG大阪らしいパス回しから、トドメの3点目。浦和は2点目取られた時点で完全に浮き足立ってしまった。ゲルトの取った交代策も達也・永井を入れ攻撃的に見えるが、これでバランス崩す。これが、今の浦和の実力。
 最後に、ゲルトは選手と一緒に場内一周。アウフビーダー・ゼーエン・ゲルト?

|

« ALL COME TOGETHER! | トップページ | ACL準決勝G大阪(10/ 22@ 埼スタ) »

コメント

申し訳ありませんが、愚痴しか書くことがありません。
内容はアウェイの試合と同じ様な展開でしたね。
点を取った直後は動きが急によくなりプレーも積極的になる。
それでも追加点が奪えないとモチベーションが下がっていくのが、手に取る様にわかる。
これぞカウンターというのも前半の終わり頃にあった1回だけ。
エジは相変わらず助っ人の意味無し。
プレスを褒める人もいるが、あれなら昔の北澤みたいな選手を使えばいいこと。
ゲルト采配は相変わらずで勝ちに行くといっておきながら、常に後手後手。
1-1になって向こうが山崎を投入する前に達也を投入するくらいじゃなければ、勝ちにいってるなんて言えない。
選手交替はただ攻めの選手をいれるだけで、まるで開幕戦を見ているようでした。
チャンスらしいチャンスもなく、終了の笛が吹かれる前にテレビを消しました。
とにかくこれだけは決まりでしょう、ゲルト解任。
フロントが今年をまだ諦めていないなら、なおさら解任すべきです。

投稿: kobatake | 2008年10月22日 (水) 22:54

悔しさを通り越し清々しさを感じた試合でした。選手に対するブーイングはする気持すらなかったでしょう。それにしても前半の猛攻はガンバに完全に泳がされたていただけだったのか、やはり後半やられました。シーズン通して何度となく見ている光景で、またか!といった感じです。
進歩がみられなかったシーズンでした。
お疲れ様でした。

投稿: さいもん | 2008年10月22日 (水) 23:35

エジはいりません!今日で懲りたはずです。エジを守る為に永井を切るのか?選手がグランドで挨拶しているとき永井だけ微妙な距離感をとっているように感じたのは私だけでしょうか?やはりチーム内がおかしくなっているのは手に取るようにわかります。
昨年の比にならないくらい最悪の状態だと思います。

投稿: saimon | 2008年10月22日 (水) 23:52

しかし、アウフビーダ・ゼーエンの弾幕出した奴は許せん!

投稿: ホイチョイ | 2008年10月28日 (火) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ACL準決勝G大阪戦:

« ALL COME TOGETHER! | トップページ | ACL準決勝G大阪(10/ 22@ 埼スタ) »