« W杯最終予選メンバー発表 | トップページ | 速報京都戦 »

2008年10月 1日 (水)

駒場シーチケ指定席最終日

 さては今日はACLで飛んだ、第26節京都戦の代替開催となる。連戦が続いて日程的に非常に厳しいスケジュールが、ACLに勝てば勝つほど続くことになります。連戦続きで、特に闘莉王・阿部の代表組の疲労困憊振りが目につきます。さらに悪いことに、調子を上げてきた高原も首に痛みが発症しているみたいです。
 特に闘莉王は、慢性的になっている太ももの裏側だけでなく、膝も打撲して歩くのもやっとの状態のようです。今日は欠場濃厚?W杯最終予選のウズベキスタン戦も厳しいのではという悲観的な観測も流れている。まさか、岡田は無理して闘莉王を使わないで下さい。あなたには、怪我明けで大事に大事に使っていた達也をいきなり無理して使われ壊された怨念があります。
 今日の京都戦は、勝てば首位にたつ可能性もありますが、えーと鹿島は大宮なので勝ち点を落とす可能性はかなり低い。浦和も油断は出来ません。前半のアウェイでは4−0の圧勝でしたが、これは本当にちょっとしたした勝負のアヤでこういう結果になっただけの話です。カトキューの戦術には要注意です。そして、柳沢が得点を上げる、これだけは何があっても見たくないシーンです。
 また、浦和には疲労困憊の選手もいますが元気な選手もいると思います。梅崎・山田・堀之内・堤・啓太・セルあたりは元気だと思います。去年の二の舞は嫌です。それを避ける為に選手補強してきたし、若手も積極的に起用してきたのではないでしょうか?
指揮官としては、新しい選手を入れバランスを崩すリスクは取りたくないでしょうが、ここは先のことを見据えリスクを取っても良いのでは?

|

« W杯最終予選メンバー発表 | トップページ | 速報京都戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒場シーチケ指定席最終日:

« W杯最終予選メンバー発表 | トップページ | 速報京都戦 »