« 第30節 新潟戦(10/26@東北電力ビックスワン) | トップページ | レイアウト変更 »

2008年10月27日 (月)

久しぶりの勝利

 昨日の新潟戦、チームを押しつぶしかねないネガティブな濁流を、この1勝で堰き止めた。
しかし、前半の動きは目をおおいたくなるような出来でした。前の3人の連携は見られないし、山田の動きも相変わらず。ただし、ゴールにはしっかり鍵を掛けた専守防衛の戦いでした。
 しかし、ハーフタイムで山田・平川のポジションチェンジ、阿部・細貝のボランチは攻めの圧力をかける。新潟の両サイドの攻撃には前の3人で対応する。これも、ゲルトの指示ということより、選手同士で話し合い決めたようです。
 後半に入ると、ボールの回りが急に良くなった。阿部・細貝がFWを追い越して、最前線に飛び出す姿が目につくようになった。決勝点はまさに、その攻めのおかげでしたね。スローインからつながれたボールを細貝はトラップミスし、思ったより前に流れたが、その前を横切ったエジミウソンに新潟DFは釣られてしまい、ゴールに振り向いたらフリーになっていた。
 一番肝心なことは、そこに細貝がいたことだ。攻撃を人任せにしていたボランチが、自分から前に打って出たこと。いつ、何に向かって走るのか、そこが未整備の恨みはあるが、走ることで派生する何かを求めた先にチャンスボールがこぼれてきた。今の選手たちを駆り立てるものは、「俺達、弱かったの?」という焦りにも似た共通認識だと思います。
 ライバルが軒並みずっこけて、浦和も優勝争いに踏ん張った。しかし、優勝を口にするほど甘い状況にはない。しかし、気まぐれな勝利の女神は無欲の者に微笑むこともある。

|

« 第30節 新潟戦(10/26@東北電力ビックスワン) | トップページ | レイアウト変更 »

コメント

まだ、優勝の望みはありますが、レッズが一番厳しい状況です。
鹿島との勝ち点差は3ですが得失点差が浦和より9も上のため、勝ち点で上まらないと優勝がないと思っていいでしょう。
なので、浦和が残りを全勝したしても、鹿島が残りの試合で最低でも1敗1分けはしないと厳しい。
さらに川崎、大分、名古屋も浦和を勝ち点で上まわってるだけに、これらのチームも引き分けなりの取りこぼしがないとこれまた厳しい。
ただ、これらの3チームは今のチームの安定感からすると、取りこぼしは十分に期待できる。
やはり、問題は鹿島。
そして鍵を握るのは、その鹿島と名古屋とも対戦を残している大分でしょう。
大分が鹿島に勝って、名古屋と引き分けがベストでしょう。
名古屋が大分と引き分けてその他の試合を全勝したとしても、よっぽど大勝しない限りは得失点差で勝つことが出来ます。

とにかく、浦和の最低条件は全勝です。
数字上ではまだでも現実的に考えたら、「取りこぼし=優勝が無くなる」と思っていいでしょう。
集中力を切らさないためにも、この状況の方が今の浦和にとってはいいかもしれませんが。

投稿: kobatake | 2008年10月27日 (月) 11:42

大分と札幌がカギを握っている。サッポロは最終節で去年の横浜FCなみの試合をお願いします。札幌はとりあえず、次に試合は静かにして、その次から意地を見せてください。

投稿: ホイチョイ | 2008年10月28日 (火) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの勝利:

« 第30節 新潟戦(10/26@東北電力ビックスワン) | トップページ | レイアウト変更 »