« それでも戦いは続く! | トップページ | ALL COME TOGETHER! »

2008年10月21日 (火)

明日はACL準決勝G大阪戦

 神戸戦の後に、いろいろと騒ぎがあり心配されましたが、スタッフも交えて危機への対応が確認されたようです。闘莉王からのメッセージがオフィシャル・ページにも乗りました。チームは一丸となって最後まで戦うことを約束してくれました。サポは、それを信じて声援を送るのみ。
 永井も、G大阪戦には帯同するようですね。G大阪戦になると永井は、一方的に押されている展開ながら、ハチのひと差しで勝った試合が記憶に残っている。ゲルトとの関係は分からない。単純に、出場停止の選手が多い為に選んだだけかもしれない。だから、試合に出れるかどうかは分からない。しかし、永井はうちのチームのNo.9なのだ。こういう苦境で実力を発揮してくれる選手だと思っている。チャンスは絶対にやって来ると思う。そのチャンスをものにしろ!
 G大阪戦を勝ち抜くには、うちが点を取れなくても相手を0に押さえればよいわけです。とにかく、ここ数試合で見せている粘りのない守備とはサヨナラしてくれ。闘莉王含めて専守防衛で、徹底したカウンター狙いでいいと思います。どんなしょっぱい試合内容でもよい、結果を残すことが最優先だ。一番、気を付けなくてはならないのは、立ち上がりにいきなり失点、これだけは絶対避けねばならない。試合には細心の注意を持って入ること。決して、ふわっとした気持ちで入らない。

|

« それでも戦いは続く! | トップページ | ALL COME TOGETHER! »

コメント

明日の試合の結果によっては「ゲルト更迭」の噂が飛び交ってますが、はたしてフロントは次の監督のリストアップを行っているのでしょうか?
そこに来て、Yahooのトップページに「ブッフバルト氏が浦和監督熱望」の文字。
内容的にはJクラブ希望となっていたので、浦和が取らなければ他のチームが動くのは必至?
練習場にまで押しかけて横断幕を掲げる行為は最低だと思いますが、書かれた内容に関して通ずるものがあるだけに自分としてはギドが復帰してくれるなら大歓迎します。
ギドの時もワシントン頼みのところはありましたが、それなりに形はあったし何より選手を抑えることが出来た。
オジェックの時のワシントン、伸二、そして今回の永井の件を考えれば、選手を抑えられることはとても重要なことだと思います。
ギドのカリスマがあれば、オフの主力大量放出なんてのは最小限に食い止められるのではないかと。

投稿: kobatake | 2008年10月21日 (火) 10:57

そうですね!今のレッズに必要なのは勝つことかもしれません。先ずは守りから!そしてカウンターで取る。応援しましょう。

投稿: さいもん | 2008年10月21日 (火) 21:31

明日は埼スタへ集合!!

投稿: ホイチョイ | 2008年10月21日 (火) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日はACL準決勝G大阪戦:

« それでも戦いは続く! | トップページ | ALL COME TOGETHER! »