« 速報 ACL G大阪戦 | トップページ | 代表UAE戦 »

2008年10月 9日 (木)

ACL準決勝 G大阪戦(10/8 @万博)

 8連戦の最後となる試合、条件的にはG大阪も浦和も同じ。調子は両チームとも下降線で、こういう試合は勝利への執念が強い方が勝つ。
スタメンは、
FWー高原・エジミウソン
MFー山田・相馬・平川・細貝・ポンテ
DFー阿部・堀ノ内・坪井
GKー都築
サブー闘莉王・啓太・梅崎・堤・達也・セル。闘莉王は欠場だがベンチに、啓太が外れ平川サイド山田ボランチの布陣。
 ACLでは日本勢同士の対決は初、前半は浦和が押し気味に試合を進める。浦和は相馬が放ったシュートが相手DFに当たって跳ね返ったところを細貝が決めて先制する。それ以降は圧倒的にG大阪ペース、ヒヤリとする場面の連続で、ただしG大阪の播戸・山崎の決定力の無さに救われる。G大阪は、遠藤・二川のパス回しから攻めるが得点までは至らず。後半もほぼ一方的にG大阪にゲームを支配されるが、DF陣の踏ん張りで得点を与えない。しかし、残り10分のところで相馬が播戸を倒しPKを与えて追いつかれる。微妙な判定ですが、押され気味の展開だと、あういう形でPKを取られてしまうことは良くある。
 終盤に失点し勝ちを逃し、しかも第2戦は都築・細貝・相馬を出場停止で欠くことになる。そのことは浦和に重くのしかかるが、アウェイゴールを奪ってホームに帰れることは大きなプラスと前向きに考えましょう。
選手達は良く頑張った。1点を失ったとは言え、守備に関して言えは高い集中力を取り戻した。闘莉王が先発から外れながら、阿部・坪井・堀ノ内の最終ラインは危なげなかった。たとえサイドを破られても、中央で弾き返しさえすれば良いと割り切り、乱れは少なかった。しかし、終盤に極端に下がりすぎたのは修正点だ。中継にスペースが出来て、攻めに出てもフォローの無いFWがあっさりボールを失ってしまう。
 再戦に向けて修正すべきは、ボランチのところで圧力を高めること。そうなると啓太にかかる期待は大きい。第2戦は0−0でも勝ち抜ける。この日の前半の出来を忘れないこと、からには守備の形を整えること。浦和は堅守をペースに勝利への道を探るしかない。

|

« 速報 ACL G大阪戦 | トップページ | 代表UAE戦 »

コメント

う~ん、まさか先制点は取れるとは思っていなかったので、ホームで楽になるだけに展開的に勝っておきたかった試合ですね(それでも0-0よりで引き分けるよりは全然いいですが)
細貝がよく決めてくれました(啓太だったら、遥か上だったかと^^;)
ディフェンスには気迫を感じました。
シュートコースを切っていたせいか、ほとんどのシュートがDFに当たってましたからね。
特に明神のシュートは阿部ちゃんが頭で触ってなかったら、ヤバかったですね~。
山田は相変わらず、無駄なドリブルが多い。
前へドリブルしようとして、近くに相手選手がいると相手の反対側に回転するようにして自陣側へドリブルで逃げるパターンが多い。
あれでは2人で挟んで反対側をケアされたら、簡単にインターセプトされてしまう(千葉戦でやられてました)
ボールを受ける前に自分の周辺の状況を常に把握してないと、あの位置でドリブルをされるのは怖すぎます。
ゲルトの采配は相変わらず?です。
闘莉王は直訴があったのかもしれませんが、達也の起用は勝ちにいくための交代なのでしょうか?
交代枠はギリギリまで1つは残しておくにしても、相変わらず交代のタイミングが遅い。
残り15分ぐらいから前線でプレス出来る活きのいい梅崎やセルをいれるべきだったと思います。
過密日程のせいで総力戦でいかなければならないのは必至なのに、これではオジェックと時と全く変わっていないような気がします。

ガンバも加地がヤバそうでしたが、坪井は大丈夫なんでしょうか?
相馬の変わりは?
平川を左まわして、山田(永井)を右?
山田が右ならボランチは啓太と誰?
ホームでは間違いなく総力戦になると思います。

投稿: kobatake | 2008年10月 9日 (木) 10:09

ホームでの戦いは間違いなく総力戦になります。若手を起用する選択肢はないのか?
梅崎をトレーニングマッチで左サイドでテストしたようですが、あまり機能しなかったような。

投稿: ホイチョイ | 2008年10月13日 (月) 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL準決勝 G大阪戦(10/8 @万博):

« 速報 ACL G大阪戦 | トップページ | 代表UAE戦 »